米メディア大型買収劇 ディズニーが21世紀フォックスを7兆円で

米メディア大手のウォルト・ディズニーは、2017年12月14日、同業の21世紀フォックスの映画、テレビ事業などを買収することを発表した。買収額は524億ドルで、21世紀フォックスが抱えていた137億ドルの負債と合わせて661億ドル(約7兆4000億円)にのぼる。

これにより、21世紀フォックスが権利を持っていた「X-メン」、「デッドプール」、「シンプソンズ」、「ナショナル・ジオグラフィック」などの多数の人気コンテンツはディズニーが取得することになる。

ディズニーは発表の中で、21世紀フォックスのコンテンツ部門を取り込むことで、世界中の消費者に対してより魅力的なコンテンツを提供できると、買収について説明した。

また、21世紀フォックスは同日、買収後の経営方針について、今後はニュースなどの放送事業により注力するとした。