中高年に人気の「マニュアル車」最新事情(2)

 各メーカーの中でも一番MT車に力を入れているのがマツダだ。『CX-5』や『プレマシー』など一部を除いたほぼすべての車種にMTグレードを用意。'15年の乗用車販売台数で言えば、トヨタはAT車の比率が99.3%とほとんどMT車を販売していないのに対し、マツダは91.7%。約10台に1台はMT車を販売しているのだ(日本自動車販売協会連合会調べ)。
 「マツダは『ロードスター』というオープンカーのMT比率が71.5%というのが際立っています。こちらはツーシートのスポーツモデルなのでドライバーもMTを選ぶ傾向が強いですね。驚くのはフラッグシップのセダン『アテンザ』のMT比率が9.5%ということです。一般的にセダンというとATでのんびり運転するというイメージが強いのですが、アテンザを選ぶドライバーの約10人に1人はMTのスポーツ走行性を求めていることが分かります。また、マツダといえばスカイアクティブディーゼルが人気ですが、ディーゼルを選択した人の20%弱がMTを選んでいるという数字もあります。これは他社には見られない大きな特徴と言えるでしょう」(前出・自動車雑誌ライター)

 マツダのこだわりはトランスミッションをコンパクトかつ軽量化して自社開発している点。セダンでもスポーツ走行を楽しんでもらいたい、という意図が感じられる。
 「マツダのキャッチフレーズ、Zoom-Zoomは“動くものに対しての感動、走る喜び”という意味が込められています。ほとんどの車種にMTを設定していますので、ぜひMT車に乗っていただき、シフトフィールを感じてほしいですね」(マツダ・国内広報部)

 一方、昨年12月に発売されたスズキ『アルトワークス』のキャッチコピーは“今、マニュアルに乗る”。まさにメーカー自らがMT車に乗ってくれと言わんばかりの力の入ったアピールだ。
 「新型アルトは発売当初、RSというスポーツグレードを投入したのですが、これはAT車のみの設定でした。ユーザーからはかつての『ワークス』仕様は出ないのか? との問い合わせがかなりありましたね。ワークスは5速シフトにドイツのレカロ社製シートと“走り”にこだわったモデルです。選択されるお客さまは最初から指名買いが多いようですね」(都内のスズキ販売店)
 アルトワークスといえばカッ飛び軽自動車の代名詞だった。そのキビキビとした走りっぷりが、最先端の技術で復活したのはファンにはうれしい限りだろう。

 さて、実際にMT車に乗っているドライバーに話を聞くため、週末の高速道路パーキングエリアに行ってみた。
 「トヨタの『86』に乗っています。20代の頃、『カローラレビン86』に乗っていたので、同じ車名が復活したときは次に乗るのはこれしかないと思いましたね。以前はワンボックスに乗っていたのですが、子供も独立し、今では妻とのドライブや買い物に利用するのがメーン用途です。久しぶりのMTは納車当初の頃こそ緊張しましたが、すぐに慣れました。身体がちゃんと覚えていたんでしょうね。さすがに昔ほどスピードを出して走ることはありませんが、山道などで手首に伝わるシフトフィールを楽しみながら車を流すのは最高ですよ」(48歳・会社員)
 「日産のエクストレイルを購入したのですが、検討当初、妻がMTに大反対でした。子どもの送迎や買い物などで毎日のように運転はしていますし、限定免許じゃないので大丈夫だと思ったのですが、坂道発進が苦手だというのです。購入の決め手はヒルスタートアシストでした。これは坂道で発信するときに、ブレーキから足を離しても数秒間、車が後ろにずり落ちない機能です。坂道で停車しているときに後続車が接近してくると自然と緊張しちゃいますよね。そんなに近づくな〜と(笑)。それほど苦手意識のない私でもこの機能は重宝しています。以前乗っていたAT車はクラッチ操作が要らない分、左足が遊んでしまい、自然と運転姿勢がだらけてしまっていたのですが、そういうこともなくなりましたね。昔の車ほどクラッチも重くないので、渋滞でもそんなに疲れることもありません。運転する行為が明らかに楽しくなりましたよ」(51歳・自営業)

 最近のMT車は坂道発進が容易になる機能を持つものも少なくない。また、電子制御のアクセルは、発進時の微妙なアクセルワークが苦手だった人でも、それを気にすることなく車が勝手に調節してくれるので、ガクガクと車が前後するようなことも少なくなった。
 さらに同じ車種であれば、ATよりもMTグレードの方が設定価格が安価であるのも見逃せない点だ。その差額は10万円以上になることもあるから、MTを選んでその分をカーナビやアクセサリー等に費やしたり、ワンランク上のグレードを狙うこともできる。

 免許取り立ての頃の、あの車を運転するときの高揚感。MT車を操ることによって今からでも十分取り戻すことができそうだ。

関連記事(外部サイト)