噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 畠山愛理(22) アソコの締まりよく感度良好!?

 今回取り上げるのは、リオ五輪「新体操日本代表」の主将、畠山愛理。このリオ五輪出場を最後に、現役引退を発表した。
 “フェアリージャパン”の愛称どおり、妖精のような美しさと可憐さで、つぶさに観相するとエロ偏差値もかなり高く、今後がとても楽しみな女相だ。

 彼女の顔相の特徴は、薄めの唇ながら小さく引き締まったおちょぼ口と、尖って突き出たアゴ先(豆アゴ)。おちょぼ口は古来、セックスの具合のよさと、(性愛での)情緒のよさにおいて最高クラスの相。また豆アゴは加齢とともに(特に熟女の年代で)淫蕩さを増す相で、どちらも男性に極上の官能をもたらす。
 性ホルモンタンクの臥蚕(下瞼の睫毛が生えているあたり)が実にふっくらと豊かに充実し、その気血色も桜色で、性感度のよさがうかがえる。
 加えて、彼女は眼に少し浮光(潤った感じの艶)がのっており、高い好色性を内在させていて、【淫乱度】は高く、現時点で「4」。中年以降は満点の「5」に上昇する。

 口元の肉付き(特に上唇側)がよくて締まりも素晴らしく、口角(唇の両端)が上がっていて、後天的な膣肉の締まりは良好。先天的名器度が現れる、耳穴の手前にある切れ込みも上ランクで、【名器度】も「4」と高い。
 鼻がいい感じにどっしりしていて肉付きよく、金甲(小鼻)の張りも悪くない。一方、口が小さく、エラの張りも強いとは言えず、スタミナ面で課題を残し、【絶倫度】は「2」。
 下瞼のライン(特に右目)が目尻で上がっているのはあげまん相で、気の強いスポーツアスリートに多い眼相だ。すっきりした口元もあげまん要素ながら、豊かすぎる臥蚕がマイナス要素で、金甲の張りもあげまん相とまではいかないレベル。それでも、トータルで【あげまん度】は「3」と高めだ。

 彼女の顔相で興味深いのは、ホクロが顔の左に集中していること。女相における左側はプライベート及び中年以降を意味し、左奸門(目尻)と左遷移宮(額の左寄りの生え際)にある目立つホクロは、結婚後の男性関係の波乱を暗示する不倫ボクロだ。
 おちょぼ口女性は異性からの押しの一手に弱く、小心ゆえに追い詰められると簡単に脚を開く傾向があり、男性目線で言えば(本連載では尻軽度に算入する)モテ相の一つ。眼の浮光と豆アゴには尻軽要素も含まれており、【尻軽度】は「4」と高くなった。

 彼女は下停(顔を上下に3等分したときの一番下。鼻下からアゴ先まで)が短く、貧弱なため、晩年運を下げている。まだ若く、今後、硬い食べ物を積極的に摂るなどしてアゴの骨格・筋肉を鍛え、下停部の相を好転させることが望ましい。

【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連記事(外部サイト)