ボートレース 常滑プレミアムGIヤングダービーの展望(2)

 先週に引き続き20日より開催されるプレミアムGIヤングダービーを取り上げる。先週は開催地・常滑をクローズアップしたが、今週は総合的なレースの展望をしていきたい。

 出場選手にはさすがの面子が揃い、優勝候補を挙げるだけでも両手にも収まらない。主だったところでは岡崎恭裕、西山貴浩、桐生順平、篠崎仁志、山田康二、上野真之介、深谷知博、黒井達矢、西川昌希、佐藤翼、岩瀬裕亮。いずれも好モーターを引いただけで優勝候補筆頭になりうる地力を秘める。

 特にSG覇者である桐生順平、岡崎恭裕は現時点で実績を含め一歩リード。桐生の近況はSGで今ひとつ結果が出ていないが、随所に桐生らしいターンで魅せている。岡崎は今年、復調の兆しが窺え、SGオールスター、オーシャンカップで優出。直近の多摩川GIでも優勝こそ逃したが、ファイナル1号艇に座るなどシリーズを引っ張った。そのレースを「抜き」で勝利した篠崎仁志も強力だ。実力は申し分ないだけに、目立った実績のない常滑でも一気の激走は多分にある。

 また、女子勢も着実に戦力アップしており侮れない。平高奈菜、遠藤エミ、今井美亜は男子相手でも結果を残しており、予選突破はおろか、優出レベルの実力もある。

 レースの内容はSGにも引けを取らないヤングダービー。ハイレベルな新興勢力の真っ向勝負は、興味が尽きない。

関連記事(外部サイト)