LiLICoオススメ「肉食シネマ」 前代未聞! キュートな悪が地球を救う!? 『スーサイド・スクワッド』

LiLICoオススメ「肉食シネマ」 前代未聞! キュートな悪が地球を救う!? 『スーサイド・スクワッド』

(提供:週刊実話)

 お仕事お疲れ様です。私のハリウッドスターとの初接触といえば『メン・イン・ブラック』のウィル・スミスでした。私がテレビ番組『王様のブランチ』の映画コメンテーターの担当になる前の話です。来日記者会見で、一番最後にウィルが私を見つけて「あの方と写真を撮りたい」と言ってくださったのです。慣れていない私は大興奮! 当時はデジカメもなく、紙焼きされた写真が私の宝物でした。その後、映画コメンテーターに抜擢されてからウィルと再会したときも、覚えてくれていたんです。まあ、ウィルはサービス精神抜群だからね。
 そして先日、デッドショット役で出演する最新作『スーサイド・スクワッド』のために来日したウィル。悪ばかりが登場する映画にちなんで、私はDDTプロレスの悪、“プロレスラーLiLiCo”としてレッドカーペットを歩きました。プロレスラーのときは目の周りが真っ黒なメークだから、スタッフですら私だと気付かない。でも、なんとウィルは私を見つけるや、「ヘ〜イ! LiLiCo〜!」と。もう、笑っちゃいましたよ。メークには何も言わず、「元気か〜い?」ですよ。いやいやウィル様、突っ込んでくれ(笑)。次の日もインタビューで会いましたが、昨日のメークは、まったく気にならなかったみたい。彼の中で私は一体どんなイメージなんだ?

 そんな楽しい、ファンも撮影オッケーのジャパンプレミアが行われた今作。地球が掟破りの悪党に託されてしまった!? 確かにみんな悪だけど、おもしろいのはどこか人間らしい優しさが残っていて、それが彼らの邪魔をしてしまう。思いっ切り敵と戦いたいときに、過去の思い出にしんみりしてしまったり…。それが何だかおもしろおかしい。
 邪悪なヒロイン、ハーレイ・クインを演じるのは、『ターザン』のジェーン役、マーゴット・ロビー。最初はでんぐり返しもできず弱音を吐いていたのに、バク転やすごい技で魅了してくれます。これは撮影に入る前の猛特訓の賜物らしいです。また、他のワルたちも同じジムでトレーニングをしたから、チームの結束力と仲間意識はすごい!
 アメコミは、男性には好きな方も多いですが、今回は女性のキャラクターが大活躍だから、女性の方も楽しめます。たまには彼女や奥さんと一緒に、映画館で楽しんでください!

画像提供元:(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC.

■『スーサイド・スクワッド』
監督・脚本/デヴィッド・エアー 出演/ウィル・スミス、ジャレッド・レト、マーゴット・ロビー、ジョエル・キナマン、ヴィオラ・デイヴィス、ジェイ・コートニー、ジェイ・ヘルナンデス他 配給/ワーナー・ブラザース映画 丸の内ピカデリー・新宿ピカデリー他全国公開中。

 アメコミ出版社DCコミック『スーサイド・スクワッド』を実写化。迫りくる世界崩壊の危機を前に政府は、バットマンをはじめとするヒーローたちによって投獄された悪役たちを、減刑と引き換えに自殺部隊へ入隊させた。最強のスナイパーであるデッドショットや、狂気の道化師ハーレイ・クイン、軍人リック・フラッグらが悪党たちによる特殊部隊“スーサイド・スクワッド”を結成。思いがけず“正義のヒーロー”を任された彼らは、世界を救うことができるのか…。

LiLiCo:映画コメンテーター。ストックホルム出身、スウェーデン人の父と日本人の母を持つ。18歳で来日、1989年から芸能活動をスタート。TBS「大様のブランチ」「水曜プレミア」、CX「ノンストップ」などにレギュラー出演。ほかにもラジオ、トークショー、声優などマルチに活躍中。

関連記事(外部サイト)