噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 斉藤由貴(50) セックスも人生も男任せ

 今回取り上げるのは女優の斉藤由貴。
 10代からアイドルとして活躍した彼女も、今や五十路熟女。現在、NHK大河ドラマ『真田丸』に「阿茶局」役で出演、『au』のCMで演じるお母さん役が「すごく可愛い」と話題だ。
 丸額・三日月眉・柔らかな眼光・大きく丸い鼻頭・おちょぼ口・厚い唇と、数いる女優の中でも「女性度」のすこぶる高い顔相。下瞼の目尻ラインが下がっていて、他力本願で人生を切り開いて吉となる女相だ。
 熟女の年代になっても髪を前に垂らしていることが多く、芯の部分では自信に欠け、いつまでも女の子でいたいブリっ子タイプ。従順ながらわがままで、良くも悪くも非常に女っぽい心性の持ち主だ。

 若い頃から臥蚕(下瞼の睫毛の生えているあたり)の張りが弱く、性的には淡泊。狭かった田宅(上瞼)が加齢とともに広くなり、一文字の太い眉が細く弓なりに変化して、いい感じに好色性が増した。
 肉付きの薄くなった田宅に重操紋(半月形のシワ)が1本入り、完全な小鳥目相(男を虜にするセックステクニシャンの相)ではないにしても、淫蕩度もグッとアップしている。
 厚い唇は情愛が濃く、とりわけ奉仕愛・他者愛を示す上唇が厚いのは、男性への愛戯を惜しまない相。しかも、彼女はその唇に歓待紋(細かな縦皺)が多く、性感良好に加えてセックスで相手を歓ばせようとする心性が強い。
 おちょぼ口の女相は、性愛において、情緒面でも(後に詳述の)名器性においても、男性の期待を裏切らない。【淫乱度】は「4」と高く、男性側が受ける感覚的な【淫乱度】なら満点の「5」が出せる。

 口・アゴの骨格・歯列がすべて小さく、眉相にも強さがなく、生活力やスタミナに欠ける。鼻相は豊かで金運には恵まれるも、セックスも人生も男任せ。【絶倫度】は低く、「2」。
 先天的名器度が現れる、耳の穴の手前にある切れ込みが平凡(右側はやや良形)。おちょぼ口と、口元の豊かな肉付きが名器相ながら、その口元の締まりがややユルく、【名器度】としては「3」。
 三日月眉とおとなしい臥蚕相があげまん要素ながら、厚い唇がマイナス。垂れた眼形でも大きく足を引っ張り、【あげまん度】は「2」どまりとなった。

 ホクロの多い顔だが、目の周囲には少なく、男女関係や夫婦関係での致命的な破綻は避けられる。
 ただ、左右両側の賊盗(頬骨の下の一帯)にホクロがあり、これは他人に恋人や愛人を奪われたり奪ったりという、恋愛上のトラブルの多い相だ。
 女性度の高い顔相で、その分、モテ度(本連載では尻軽度に算入)がアップして、結果、【尻軽度】は「4」と高くなった。

【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連記事(外部サイト)