噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 相楽樹(21) ガチンコセックス好き!?

 今回取り上げるのは、若手女優の注目株、相楽樹。NHK朝の連ドラ『とと姉ちゃん』では、主人公・常子(高畑充希)の妹・鞠子役を好演している。
 あの壇蜜にそっくりと噂されるのは、頬骨が出ず、昭和テイストの細めの眉に厚い唇、鼻孔の見えない丸い鼻が共通しているため。
 一方、壇蜜にはない強烈な耳相を持っていて(後に詳述)、私生活は波乱含みだ。

 性ホルモンタンクの臥蚕(下瞼の睫毛が生えているあたり)の張りが素晴らしくよく、半月を倒したような眼形になっている。眼光に艶と(かすかながら)淫も乗り、セックスの受け入れ態勢が整った「娘盛り」の女相だ。
 他者愛を示す上唇が薄く、自己愛の下唇がとても厚いので、奉仕するよりも受け身の愛戯を好む。目頭にやや切れ込みがあって、性愛の場面で男の淫情を煽るすべを心得ている。丸々と肉付きのよい準頭(鼻の頭)は、気取らずガチンコセックスを楽しむ相だ。
 地眉が細めで年齢の割に好色性が高く、今後、加齢とともに見た目でもエロさを増していくだろう。【淫乱度】としてはかなり高く、「4」と観た。
 口は小さからず大きからずだが、アゴの骨格と歯列がしっかりしていて体力的にはタフ。鼻の肉付きが豊かで金甲(小鼻)の張りもよく、【絶倫度】も「4」。正面から鼻孔が見えないのは、蓄財のセンスありだ。

 先天的な膣道の断面と一致するとされる、耳の穴の手前にある切れ込みが広く、平凡。
 後天的名器度のバロメーターとなる、口元の肉付きはかなり良好。惜しむらくは、唇に締まりが欠けること。【名器度】としては、「3」寄りの「2」となった。
 豊かな金甲と眉形があげまん要素ながら、臥蚕相と唇相がマイナス要素。最も重要な眼形が吊り上がりではなく、【あげまん度】も「2」どまりだ。

 彼女は下唇が特徴的で、厚みがあるだけでなく、ややめくれ上がっていて、出っ張ってもいる。性的にだらしなく、結果的に尻軽な行動を取ってしまい、男縁は多くても(つまらない男ばかり引き寄せて)男運は悪いという女相だ。
 右賊盗(頬骨のやや下あたり)に目立つホクロがあって、他人の恋人を盗ったり逆に盗られたりという暗示がある。【尻軽度】としては、「4」寄りの「3」と高めだ。

 彼女の顔相で最も特徴的なのが、耳廓(耳の内側の波打った部分)が大きく外に出ている(特に左耳)ところ。我が強く、自己主張の激しい相で、結婚運や家庭運を大きく損ねる、後家相の代表格だ。
 芸能界で生きるにはプラスだが、男を喰いつぶす相でもあって、結婚は一度で済みそうにない。
 まだ21歳と若く、今後の顔相の変化に注目したい。

【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連記事(外部サイト)