アルゼンチンで約20年間活躍した東京メトロの丸ノ内線500形が東京に里帰りし保存へ

記事まとめ

  • 東京メトロはアルゼンチンで活躍した丸ノ内線500形車両が東京へ里帰りすると発表した
  • 鉄道技術の発展に貢献した車両として保存されることになり、横浜港に到着している
  • 赤い車体にサインカーブのデザインが特徴で、1957年から40年近く丸ノ内線の顔だった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております