コンドームの有無が恋の運命をわける?【恋なんて、本気でやってどうするの?】

コンドームの有無が恋の運命をわける?【恋なんて、本気でやってどうするの?】

コンドームの有無が恋の運命をわける?【恋なんて、本気でやってどうするの?】

※このコラムにはドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』第2話までのネタバレが含まれます。

■いちゃつきを見せつけられる通勤デスロード

学生時代から好きだった拓人先輩(古川雄大)が自分の苦手なタイプの女・横井(安藤ニコ)と結婚することを知り、傷心の主人公・純(広瀬アリス)。

朝から二人に遭遇してしまい、毎度のごとく横井は路上で会社の機密書類ぶちまけるわ、拓人と横井のいちゃこら劇場を強制的に見せられるわ、純と話していたはずなのにそのまま横井と拓人は純を置いていちゃつきながら会社に向かい始めるわで、会社への道のりが労働意欲を削がれまくる怒りのデスロードすぎました。

いちゃつくのは家でやれ。横井は毎回資料ぶちまけるなら、もう穴あけて首から下げとけ。

■やっぱり食えない労災レベルのゆとり女・横井

ゆとり全開な横井は妊娠の伝え方も、「実は授かり婚なんです……遠距離恋愛って、たまに会えた時に歯止めが効かないんですよ。空港からホテルに直行して、そういう時に避妊のこと考えてるとロマンチックが台無しっていうか…」と、業務中に真顔でとんでもねぇ角度から繰り出してくるので、純は「はぁ……」以外の語彙力を失っていました。

大して仲良くもない距離感の上司に、悪気も恥じらいもなくシラフでつらつらと話せる呑気さはゆとり教育の弊害か? 文科省、責任をとってくれ。

おまけに相手が純が好きだった男なんだから、また精神衛生上よくない。悪気なく毎日こんないちゃつきと、いらん補足情報を仕事中に与えられるのエグすぎますね。純は心病んで労災請求できるレベルですよ。

拓人がゆとり……いや、横井に惹かれた理由に「フットワークが軽い」を挙げていましたが、とんでもねぇフットワークの軽さで日本からシンガポールに拓人を落としに行ったことや、この授かり婚エピソードの方が先に浮かんでしまって「フットワーク……(白目)」になってしまいました……。

しかしこのフットワークの軽さが横井プロの恋愛戦闘値の高さなんですよね。これら全て狙っているのか天然なのか…もはや避妊しなかったことすら、彼女の計算通りなのかもしれません。どちらにしても絶対にライバルに回したくないし、その手法を恋に悩める全女子に伝授して欲しいほど恋においては稀代の天才です。横井プロ、恋愛ノウハウ本を出してくれ! 10冊は買います!!!

■コンドームの有無が二人の行動力の差

純にとって気が合いすぎて男性として意識できない男友達・大津(戸塚純貴)。

安心安全の大津と言われるほどいいやつな彼に「恋はしたくないけど、こういうことは大人として一度済ませておきたい。その相手が大津なら……」と処女を捨てるべく頼み込みます。

お酒の力でなんとなくそういう雰囲気に持っていくわけではなく、ド直球でお願いしに行くスタイルは不器用そのもの。恋愛をしてこなかった彼女らしい、真っ直ぐすぎる手法に大津もびっくり。というか好きな女からこれ言われたらショックです。

結局ゴムを準備しておらず、純が走って買いに行っている間に、「好きじゃない男とそういうことはするな」という置き手紙と共に大津は姿を消していました。

ゴムをつけるか否か、が横井と純の行動力の差の対比のキーワードになっているのは面白かったですね。避妊なんて考えず、ムード壊したくないからそのまましちゃう横井と、ムードをぶった斬ろうと、しっかり避妊のために店に走る純。

(彼氏でもない男や、結婚の予定がない相手とは絶対につけるべきだとは思いますが)この真面目さが純のいいところだし、流されるところが横井プロたる所以ですよね。

■ただやっただけなら素人童貞と同じ

男性経験がないことをいじられ、純も焦ってしまって血迷ったのだと思いますが、それを焦る必要も、無理に適当に捨てる必要もありません。

「やっちゃえばこんなもんか」と次に進みやすくなると言っていましたが、恋をする前にその先のステップである体の関係をただ済ませたからといって何も変わらないし、それは男性でいう素人童貞と何ら変わりません。

心が動いた相手することで、仮にそれが悲しい結果になろうと何か変化を生むものだと思いますし、まず純がすることは恋愛で、コントロールできない感情を体験することで自分の心の変化や男性との関わり方を学んでいくことだと思います。

心がないだけのセックスはただの作業でしかない。だからこそ、体は大切にして欲しいし、この結果になって本当によかったです。

■経験値0女VS経験値10000男

しかしこれじゃあ終わらない。大津との出来事からやけくそになり、イケメンビストロ店員・柊麿(松村北斗)の元へ駆け込み、お試し交際をすることになった純。

彼女の経験値を上げるためにお試し交際はいい経験になると思うので大賛成!!ですが、相手が柊麿なのが心配ですね。

なにせ経験値0の純VS経験値10000の柊磨になるわけですから、交際における柊磨の1ステップは純にとっての1万歩くらいの差があります。

柊麿には、ことある度に柊磨と寝にくるあの女(前回考察参照)と同列に扱わず、純の経験がないことを踏まえて配慮した上で交際してほしいし、体の関係は気持ちが動くまではやめてほしい! お母さんとの約束です!

■更生の余地あり? ゲーマーセックスレス旦那

レス主婦・響子(西野七瀬)の旦那は相変わらずゲーム三昧。

ラクロス部で仮装同窓会をするんだ! と、シンデレラ姿の西野七瀬レベルのプリンセスを見ても、「若作り」と一蹴する旦那すごくないですか?

美女を見ても何も感じない不感症の心の持ち主となってしまっているようです。

嫁の価値を低く見積もってぞんざいに扱い、響子の自尊心を削るクソ発言をしていた彼ですが、ただ一点だけ褒めたいのは、同窓会に行きたいと響子が伝えた際に「俺が好きなことしてるのに、好きなとこ行くなとは言えないよ!」と即答したことですね。

これが意外とできていない人がたくさんいるんですよね。

自分は好きなことしまくってるのに、「飲み会は行くな!」とか、自分の意思や価値観のままに相手をコントロールして制限かける自己中な人間って結構います。

この発言から、

・自分の行動を振り返った上で「行くなとは言えないよ」という表現をしていることから、状況を俯瞰できている、ゲーム三昧生活を自覚しているし、多少の負い目を感じている、ということがわかる。

・行きたいという相手の意志は尊重できる。(関心がないだけ、でなければ)

ので、嫁<<ゲームの生活で配慮がないことや、レスの件も話し合いを持ってみたらなにか変わるかもしれません。

旦那からすると「お互い望んで好きなことを好きなようにやっている生活」という認識で、子供のことなどをきちんと話し合ったことがないのかも?

しかし、嫁は隠れイケメン藤木直人というレアキャラと出会ってしまい、旦那も予想だにしない展開になりそうですが……。

■変化が起きる?! 彼女ではない2人の女性達

パパ活不倫女子・アリサ(飯豊まりえ)は記念日に妻を優先され、関係の弱さを実感することとなりました。彼が自分のモノじゃなくとも週に一度の濃密な時間があればOK、というのが彼女のポリシーでしたが、その時間も必ず担保される物ではないことを経験し、心境に何か変化は生まれるのでしょうか?

柊麿の太客女は「またふられちゃった?慰めてくれる?」とまた寝に来てましたが、お前が毎回ふられるのはそのせいだから一刻も早くやめろ! と伝えてあげたいです。地雷臭がぷんぷんするのですが、純とのお試し交際で、この太客女と柊麿の関係も変わっていきそうですね。どうなるのでしょうか?

それぞれの関係が交わり始めた今回。次回はどのように絡み合っていくのか楽しみですね。

(やまとなでし子)

関連記事(外部サイト)