恋愛経験値0脱却の弊害。毒親の呪縛【恋なんて、本気でやってどうするの?】

恋愛経験値0脱却の弊害。毒親の呪縛【恋なんて、本気でやってどうするの?】

恋愛経験値0脱却の弊害。毒親の呪縛【恋なんて、本気でやってどうするの?】

※このコラムにはドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』第3話までのネタバレが含まれます。

■モテ男によるホテルさながらのホスピタリティ

まさかの拓人先輩(古川雄大)と柊磨(松村北斗)が腹違いの兄弟という衝撃の事実が発覚!

二人の父も女性にだらしなく、柊磨もそれに似たのでは? ということでしたが、不倫などで女を泣かせてきた父を持つ柊磨と、男に泣かされてきた母を持つ純(広瀬アリス)が、親の影響をゴリゴリに受けて今があり、二人が恋によってその呪縛から解き放たれるかもしれない?! というのは皮肉さもありつつ面白いですね。

しかし、ビジネスホテルばりに使い捨て歯ブラシを常備して、いつ女性が泊まってもいいように準備しているモテ男・柊磨のホスピタリティには笑いました。その他にもメイク落としやシャワーキャップ、リファあたりのいいドライヤーがアメニティとして装備されていても全く驚きません。

 

■純の母の大きな呪縛

お試し交際をすることになった純と柊磨。恋愛経験値0の純にとって、いきなり二人きりのデートは無理すぎて、親友アリサ(飯豊まりえ)に頼んでダブルデートをすることに。

「手を繋ぐなんて、いつかは別れるのに後から思い出して恥ずかしくならないんだろうか?」と、常に俯瞰してしまう純に、優しく手をとって恋を教えようとしていた柊磨の姿は胸キュンでしたね。

後から思い返すと恥ずかしくなるほど、気持ちに飲まれてバカになることも恋愛の楽しさの一つですが、純にとっては、常に恋に男にと猪突猛進だった母を思うと、どうしてもそれが馬鹿馬鹿しく感じてしまうのでしょう。

今回も新たな男を連れて母が会いにきていましたが、恋に対する拒否感を改めて植え付けることになった母の呪縛は大きすぎます。純のために福岡から出ないよう、本州への接近禁止命令を申し立てたいほどです。

「こういうの好きかな? と思って」と純を思ってデート計画を立てていたどころか、短期間の間に下見までしてくれてるの最高すぎて、柊磨のナチュラルモテ男力も炸裂していましたね。

純は、今回の柊磨との経験や、恋の達人・横井プロ(安藤ニコ)から学びを得ることで、仕事までさらに広がりを見せ始めました。

これがすでに恋のパワーであることに少しだけ気付いた? 彼女ですが、この変化に恐れず飛び込んで欲しいものです。

 

■インスタの投稿でライバルを蹴散らす女

ことあるごとに柊磨に抱かれに来ていた常連客・ひな子(小野花梨)がマジできな臭くなって来ましたね。わざわざ柊磨の家での自撮りを撮り、「彼の家でお泊り」としてインスタにアップしていたのは、横井プロとはまた違ったジャンルでの恋の手練れです。

柊磨のゴミ箱から歯ブラシを発見したことで、他の女の影を察知し、牽制をするためにインスタで「彼女アピール」する周到さ。

特定できない敵を一網打尽に蹴散らすため、絨毯爆撃のようにあたり一体を焼き尽くすインスタ攻撃はなかなかのものです。

 

■本当に彼氏はいる?! 架空の男で柊磨の気を惹いていた説

ひな子がわざわざその行動に出るということは、柊磨を独占したいから……。

つまり実は今まで柊磨に「他の男との恋を相談」しに来ていたのは口実作りで、そんな男は実は一人も存在せず、本命・柊磨の気を惹くためだったのでは? という仮定が浮かんできて、あまりのエキセントリックさに震え上がってしまいました。

もしこれが当たっていれば、ただでさえ恋愛初心者の純にとって、変化球ばかり投げてくるひな子のような女はややこしく非常に厄介です。

案の定、純はインスタの牽制にやられて柊磨を拒絶し、始まりかけた恋の一歩がスタート地点に逆戻りすることに……。

おかん来襲によって恋への嫌悪感も上がった中なのでまさに最悪のタイミング。

家に突撃してきたひな子を柊磨は帰そうとしていたので、その後の誘惑にも打ち勝っていると信じたい……。

しかしひな子のようなタイプは、純の存在を認知したら矛先を直接純に向けてきそうなので、もし誤解が解けたとしても今後がとても恐ろしい……。

 

■重罪に重罪を重ねるオタク旦那

レス主婦・響子(西野七瀬)のゲーム三昧旦那・敏彦(味方良介)は酷さがどんどん露呈してきましたね。

響子が作ってくれた夕飯をオンラインゲームをしながら食べ、響子が指摘したら「仲間に迷惑がかかるから」と一蹴。

目の前の嫁に迷惑かけてるんですけど、その自覚なしかよ?!(怒)

子供のことを切り出しても具体的な話には触れない感じは、ゲーム第一の生活が崩れるからなんでしょうか?

来週に迫った結婚記念日を忘れていたくせに、突然響子のご機嫌取りの道具として使うところも、自分でレストランを探しもせず、「好きなとこ予約していいよ」と相手を尊重するふりして全て丸投げするのも、なんもかんも気に入りません??

怒らず淡々と耐えている響子が不憫すぎます。

おまけに当日は仕事と嘘をついてゲームの発売日を優先するという、清々しいほどのクズofクズっぷりを発揮。

全てにおいて嫁<<<<<ゲームだし、響子が強く出ないことをいいことに舐めまくってますよね?

響子には一回ガツンとブチギレて、ゲームの線を全て切断して破壊した後、「ゲームと結婚しとけや!」と敏彦とファンエデ3(ゲーム)の名前を書いた婚姻届を机の上に置いて、家出するくらいの波風を立てて欲しいものです。

 

■本当はよくないけれど、不倫を応援したくなる関係

そんな中、謎多きイケメンシェフ・要(藤木直人)が、旦那が来ないかわりに響子と一緒にスイーツを食べながら言った「料理は二人で食べた方がおいしいですから」は、目の前にいるはずなのに一緒にご飯を楽しめない旦那との対比が効きすぎて、心に沁み入りましたね……。

響子が「一人で高級フレンチも行ってみたいけど、様になってないとなんかね……」と言った時の「大丈夫ですよ」も、響子は「カジュアルなこのお店ならOKですね」と言う意味に捉えていましたが、「あなたは十分素敵ですよ」の意味が込められていたように感じてまた沁み入りました。

最高だよ直人……。

響子が旦那に低く見られ酷い扱いを受けているのがのが可哀想すぎて、不倫は本当は良くないけれど、「もっとあなたは価値のある大切にされるべき人間なんだ」ということを要が思い出させてあげて欲しい……と、この関係の発展を切に願ってしまいました。

 

■隠れかわいい系キャラ?! コンビニ店員・克巳

パパ活不倫女子・アリサが、ヤケクソで声をかけ関係が始まったご近所のコンビニ店員・克巳(岡山天音)。

まだまだ謎が多い彼ですが、アリサが純に交際とはなんたるか「誕生日のプレゼントはもちろん、出会った日、初デート、初キスの日、全部記念日にしてお祝いにするの!」と持論を述べているときに、急いで克巳がスマホにメモりまくってたの可愛すぎましたね!

その後、手品のグッズをサプライズでプレゼントしていたのは、もしかするとアリサの発言をすぐに有言実行した「初デート記念」だったのかもしれません。

唐突すぎる星座の相性話も、デートの話題に困らないように歴史の年表ばりに誕生日と対応する星座や相性を全て覚えてきたのかも?

不器用さと素直さが可愛い隠れ癒しキャラの予感??

目が離せません?

純、響子、アリサ、3人の恋が少しずつ変化し始めた3話でしたが、これからどう深まっていくのか楽しみです!

(やまとなでし子)

関連記事(外部サイト)