休日にイッキ見したい漫画原作の実写ドラマ、2位は「のだめカンタービレ」、1位は?

休日にイッキ見したい漫画原作の実写ドラマ、2位は「のだめカンタービレ」、1位は?

休日にイッキ見したい漫画原作の実写ドラマ、2位は「のだめカンタービレ」、1位は?

LANYは4月28日、ロビンソン・クルーソーと合同で実施した長期休暇に見返したい「漫画原作の実写ドラマ」に関するアンケート調査の結果を発表しました。調査は4月11日〜12日、10代〜70代の男女256人を対象に行われたもの。

1位となったのは、井上真央と松本潤の主演による「花より男子」でした。「何度も観ても全然飽きない」「明るい元気なパワーをもらえるような気がする」などといった声が多くあがりました。登場する「F4の面々がかっこいい」といったコメントも。

2位には、上野樹里と玉木宏が主演をつとめた「のだめカンタービレ」がランクイン。“胸キュン要素”や“コメディ要素”のほか、音楽と青春のドラマとしてもしっかり描かれていることが支持されている理由のようです。「原作にとても忠実」というコメントもあがりました。

3位は、賀来賢人が主演の「今日から俺は!!」。「何も考えずに楽しめるドラマ」という意見が多く見受けられました。4位は、新垣結衣と星野源が主演をつとめた「逃げるは恥だが役に立つ」。主演の2人がプライベートで結婚した事により、その視点でもう一度ドラマを見返したいという意見が多く寄せられています。

4位には反町隆史主演の「GTO」がランクイン。生徒想いの熱い教師のキャラクターと、反町隆史の演技が見事に合っていたという評判が多く見受けられました。

また、まだ実写ドラマにはなっていない漫画で、今後ドラマ化してほしいと思う作品についても聞いたところ、最も多かったのは「SPY×FAMILY」でした。そのほかには、「7SEEDS」「自転車屋さんの高橋くん」「七つ屋志のぶの宝石匣」などもあがっています。

(フォルサ)

関連記事(外部サイト)