最初はできないと思っていたーー小池徹平が語る、3度目の『キンキーブーツ』

最初はできないと思っていたーー小池徹平が語る、3度目の『キンキーブーツ』

最初はできないと思っていたーー小池徹平が語る、3度目の『キンキーブーツ』

取材・文:瑞姫

撮影:佐々木康太

編集:錦織絵梨奈/マイナビウーマン編集部

子犬のような瞳の甘いルックスが印象的な小池徹平さん。15歳の時に「第14回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞し、芸能界デビューを果たして以来、音楽活動はもちろん、「ごくせん」「ドラゴン桜」「医龍-Team Medical Dragon-」など、大ヒットドラマに立て続けに出演。存在感のある演技で多くの人を魅了した。

デビュー10周年を迎える頃には活動の幅を舞台にも広げ、2016年には舞台『1789-バスティーユの恋人たち-』『キンキーブーツ』での演技力が評価され、第42回菊田一夫演劇賞・演劇賞受賞。

近年では、これまでの小池さんの可愛いらしい印象とリンクした、いわゆる“年下男子”や“お調子者キャラ”とは打って変わった「大恋愛~僕を忘れる君と」「奪い愛、夏」などでの“怪演”が注目を集めた。

そんな小池さんがこの秋、3度目の公演となる『キンキーブーツ』に挑む。2005年に公開された映画を基にした、人気ブロードウェイ・ミュージカル『キンキーブーツ』。

イギリスの倒産寸前の靴製造工場の若きオーナーであるチャーリー・プライスと、ドラァグクイーンのローラがそれまで製造してきた紳士靴ではなく、ドラァグクイーン向けの特注靴の製造を計画し、共に友情を育みながら工場の経営を立て直そうと奮闘する物語。

日本では2016年に初公演が行われて以来、大きな話題となり、2019年に再演。今回は3回目の公演となり、小池さんはその全てでチャーリーを演じ続けている。

2016年、2019年に続きチャーリー・プライスを演じる小池さんは、今何を思うのかーー初演から6年経った今、小池さんに改めて『キンキーブーツ』という作品を演じた上での自身の変化、そして今回の再演への思いについて聞いたところ、素直な胸の内を揺るがない作品への思いと共に明かしてくれた。

■『キンキーブーツ』再演への決意

ーー大好評を得ているブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』ですが、再々演が決まった時の気持ちを教えてください。

決まった時というより、再々演を決断するまでの気持ちの整理に、正直時間がかかりました。

初演からずっとお世話になっているプロデューサーから『キンキーブーツ』再々演のお話をいただいた時にも、「今の状態では難しいかも知れないです」というお話をしました。

ーーそこから、やることを決断するまでにはどういった気持ちの変化があったのでしょうか。

一対一で、そのプロデューサーと何度も話し合いを重ねました。それこそ、『キンキーブーツ』の話はもちろんなのですが、ざっくばらんに色々なお話をしたんです。

そうやって話していくうちに、徐々にこの作品に対する思いだったり、日本カンパニーの『キンキーブーツ』を「このまま終わりにしていいのかな」という気持ちが生まれてきたりして、少しずつ前向きに考えるようになりました。

「やるのであれば、今のこのタイミングだと思っている」という、非常に熱い思いを話し合いの中で受け取ったことも大きかったですね。

ーーなるほど。様々な葛藤があった上での決断だったんですね。

そこから、どうやって『キンキーブーツ』を再演するか色々と考えました。まずは、すごく大事なローラ役について。

ローラ役を演じる人は新たにローラ役を作り込まなければいけないのですが、それがどれだけ大変な事かを、僕は(これまでの『キンキーブーツ』でローラを演じていた三浦)春馬の姿を見てきていたから知っています。

何より春馬が作り上げたローラは本当に最高のものだったから、それだけのことを絶対にやってのけるであろうという絶対的な信頼ができる人物でなければいけないし、圧倒的な演技力、そして華が必要でした。

あとは、僕自身に必ず起こるであろう心の葛藤などを、きちんと話し合える人。そういう意味でも、絶対的に信頼できる方じゃないとローラ役として接することが難しいと思っていたので、今回ローラ役が(城田)優に決まったことは、本当に心から嬉しいです。

ーー城田さんには決まった時に何と言葉をかけたのでしょうか。

「優で良かったよ」と。まず、やろうと思ってくれたことにすごく感謝をしていますし、オーディションを受けてくれたことにも、受かってくれたことにも感謝しています。

春馬は『キンキーブーツ』をたくさんの人に観てほしいと思っていたので、ここで終わらせるわけにはいかない。そういう春馬の思いも全部背負って、「優なら表現してくれる」と思いました。

やると決まってからはすごく楽しみですし、観に来てくださった皆さんに「最高の『キンキーブーツ』だった」と思ってもらえるようにしたいという気持ちです。

ーーそうやって再演、ローラ役が決まったんですね。

ただ、今までやってきた日本カンパニーのメンバーに対して、「僕はやるから、またやろうよ」とは、自分から言えなかったです。それぞれに色々な思いがあるだろうし、再演に出るかどうかはそれぞれがこの作品と向き合って、自分自身で乗り越えて決めることだと思っていたので……。

でも、みんな同じような気持ちで集まってくれたんですよ。それがすごく嬉しかったです。

ーー同じ気持ちというのは?

メンバーチェンジも多少はもちろんありますが、スケジュールが合わなくて出られなかったメンバーも、今回から新しく加わってくれたメンバーも、全員『キンキーブーツ』が大好きだということです。

僕自身、再演を決めた一番の理由は『キンキーブーツ』が大好きだったから。絶対3回目を大成功させて、「日本中の皆さんを最高にハッピーな気持ちにしよう」「最高の『キンキーブーツ』にするしかない」という強い思いがあって、みんな気持ちは前を向いて臨んでいます。

僕自身も年齢を重ねたことでスキルアップしている部分もあると思いますし、逆にできなくなったこともあると思うのですが、そこはちゃんと自分自身と向き合って、今できるベストを尽くして挑みたいと思っています。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?