jealkb、まさかのミスで新曲を2回披露!? ライブ「REVOLVER vol.2」潜入レポ

jealkb、まさかのミスで新曲を2回披露!? ライブ「REVOLVER vol.2」潜入レポ

jealkb、まさかのミスで新曲を2回披露!? ライブ「REVOLVER vol.2」潜入レポ

“メディアを巻き込んで進化する新しいカタチの音楽ムーブメント”を起こすことを目的として発足されたライブイベント「REVOLVER vol.2」が9月27日(火)、下北沢ガーデンにて開催。ロンドンブーツ1号2号の田村淳が扮するhaderu率いるヴィジュアル系バンド「jealkb(ジュアルケービー)」がホストを務めることでも話題の同ライブイベントに編集部が駆けつけました。今回は、その熱い夜の様子をお届けします!

■次世代音楽シーンを担う注目バンドが続々登場!

ライブイベント「REVOLVER」の開催は、これで2回目。盛況に終わった前回に続き、今回も音楽シーンを盛り上げる注目のバンド4組が出演しました。

まず登場したのは、茨城と東京を拠点に活動しているミクスチャーバンド「BxAxG(ビーエージー)」。昨年メジャーデビューした彼らは、現在もバンド活動の傍らで漁師としても働いているといい、この日も漁の仕事を終えてからライブに参戦しました。

オープニングからアップチューンで場内を盛り上げたボーカル・NAOIは、「ワックスで(髪を)キメてきたのに、一曲目でとれちゃった」とひと言。その言葉の通り、ライブ序盤からボルテージの上がった会場は、絶妙な一体感で溢れていました。そして、アップテンポな曲で温まったあとは、「バンドで有名になる」という決意を歌った『大洗町の唄』を披露。MC中、自らを「カッコいい田舎者」と表現するだけあり、どこか懐かしさを感じさせるバラードは、会場全体を魅了していました。

次に登場したのは、4人組ロックバンド「QOOLAND(クーランド)」。独特な甘さをまとうギターボーカル・平井拓郎の歌声により、会場は一気に不思議な世界観で包み込まれました。

「ひとりでも多くの心を動かすために下北沢へやってきました」と語る彼らはこの日、『ゆとり教育概論』『Today Today Today & Yesterday』など、メッセージ性ある歌詞が印象的な曲の数々を演奏。今回はバンド通算453本目のライブだといい、大型フェスなどの出演を通して磨かれた自信溢れるパフォーマンスで、ファンの心を鷲掴みにしていました。

■BACK-ONの登場で会場はさらにヒートアップ

3組目に登場したミクスチャー・ロックバンド「BACK-ON(バックオン)」は、ジャンルにとらわれないハイブリッドなサウンドでさらに会場を盛り上げます。ファンが拳を振り上げ、タオルを振りまわして楽しむ中、4曲目には動画サイトで話題を集めたバラード『Dear Me』を披露。自身がいじめにあっていた過去を題材とした同曲について、MCのTEEDAは「今、BACK-ONが大事にしている曲です」とそこに込めた思いを語っていました。

感動に包まれたあとは、ボーカル・KENJI03の「ひとつになりませんか?」のひと言ではじまった『Departure』で会場を席巻。ライブ終盤に向けて、万全の盛り上がりを準備しました。

■イベントのホストバンド、jealkbは新曲を初披露!

最後に満を持して現れたのは、人気ヴィジュアル系バンド「jealkb」。ロンドンブーツ1号2号の田村淳を筆頭に、某大物芸人たちの“弟”という設定で結成された彼らは、「日本一腰が低いヴィジュアル系バンドです」と恐縮しながらステージへ登場。とはいえ、今年で活動11年目を迎えるバンドのパフォーマンスは、貫禄が感じられるものでした。

開始直後、遠巻きでライブを見ていたファンに「うしろの人、怖くないから前においで」とボーカルのhaderuが手招き。振りつけを担当するメンバー・ hidekiのフリに合わせて、会場中のほとんどのファンが踊る光景は圧巻でした。

こうして会場に一体感が生まれたところで、11月2日(水)発売の新曲「reboot」をライブ初披露。“再起動”という意味が込められたこの曲は、レコード会社との確執によりCD発売できなかった3年間を乗り越えて作られた作品。これについて、haderuも「CDを出せるありがたみを、メジャーデビューよりも強く感じています」と胸のうちを語っていました。

前に進む決意に満ちた、重く激しいロックチューンを演奏し終えると、ハプニングが発生。今回の新曲で、hidekiがやりたかったという「ファンを撃ち抜くフリ」を事前に説明し忘れたのだと言います。そこで急遽、前代未聞の新曲を2回連続で演奏する展開へ。笑いに包まれる中、今回はhidekiがしっかりとファンを撃ち抜き、1回目以上の盛り上がりを見せました。

そして、ライブはアンコールに突入。ここでまたしてもハプニングが発生します。というのもアンコール2曲目を終えたところで、30分後にラジオ出演を控えたボーカル・haderuが途中退場。こんな緊急事態にも動じないjealkbのメンバーは、ボーカル不在の演奏で会場を最高潮までヒートアップさせていました。

■「REVOLVER vol.2」は大盛況のうちに終了!

さまざまなジャンルのバンドが集結した「REVOLVER vol.2」は、こうして大盛況のうちに終了。バンドと一緒に歌って踊れるこのライブイベントでは、多くのファンが一体となり、日常を忘れて思いのままに楽しむ姿が印象的でした。毎日に刺激がほしいと考えている人は、ぜひ一度「REVOLVER」に足を運んでみてはいかがでしょうか?

(取材・文:井田愛莉寿/マイナビウーマン編集部)

関連記事(外部サイト)