注目もモデル・久間田琳加「本当のお父さんみたい」瑛太との共演語る

注目もモデル・久間田琳加「本当のお父さんみたい」瑛太との共演語る

注目もモデル・久間田琳加「本当のお父さんみたい」瑛太との共演語る

モデル・久間田琳加さんが、2017年9月2日、さいたまスーパーアリーナで開催されたファッションフェスタ「マイナビ presents 東京ガールズコレクション 2017 AUTUMN/WINTER」(以下TGC)に出演。これから初めての大舞台に臨む久間田さんにマイナビウーマン編集部が直撃し、ファッションのこだわりや仕事に対する思いについて話を聞いてみました。

――今回初めてのTGCですが、出演が決まったときはどんなお気持ちでしたか?

ずっと目標にしていたので、たまらなく嬉しかったです。しかもこんなに早くステージに立てるなんて! 不安も少なからずありますが、わくわくする気持ちのほうが大きかったですね。

――いよいよこれからランウェイですね! 意気込みを教えてください。

わたし、こんなに長いランウェイを歩くのが初めてで。リハーサルのときに「うわぁ、本当にTGCに出るんだ」ってじわじわと実感が湧いてきました。今からドキドキですが、いつもどおりの力を発揮できるようにがんばります!

瑛太さんは「本当のお父さんみたい」

――雑誌「nicola」から「Seventeen」に移籍されましたが、何か違いはありましたか?

「nicola」のモデルは4年半務めていたんですが、初めて「Seventeen」の現場に入ったときはビックリしました。雰囲気が全然ちがうなって。落ち着いているというか大人びているというか。先輩モデルの方から学ぶことがたくさんあるので、とても刺激的です。もう卒業されてしまったんですが、三吉彩花さんに憧れてて! 表情の作り方やポージングの取り方を参考にさせてもらってます。

――新垣結衣さんと瑛太さんのW主演される映画『ミックス。』はいかがでしたか?

大きい作品に出せていただくのが初めてで、「映像のお仕事ってどういう感じなんだろう」というレベルからスタートしました(笑)。しかもみなさんベテランの方ばかりで。正直、うまくやっていけるか心配でした。でもいざ撮影がスタートしたら、現場のみなさんがとても優しくて! 休憩中に話かけていただいたりなど気にかけてくださったので、安心して演技に臨めました。

――温かい現場だったんですね。瑛太さんの娘役を演じられたということでしたが、何かお話しされましたか?

同じシーンが多かったので、いろいろとお話しさせていただきました。途中から、本当のお父さんなんじゃないかなって錯覚するくらい(笑)。でもそのおかげで、役にすっと入ることができました。

――その錯覚、羨ましいです(笑)。事務所の先輩である新垣結衣さんとのエピソードはありますか?

最初にお会いしたとき、「新垣さんが目の前にいる、本当に存在するんだ!」って衝撃を受けましたね。実際にお話ししてみると、物腰がとてもやわらかい方で。「くまちゃん」「りんくまちゃん」と呼んでもらえたことは一生の思い出です。

――気さくな方なんですね! 今後はどのようなお仕事をしていきたいですか?

音楽番組のMCに挑戦してみたいです! 音楽が好きでいろいろなジャンルの曲を聴くので、それを活かせればと思います。

トレンドのチェックジャケットは「リンカ丈」と合わせるのがツボ

――今回の衣装はパープルとイエローの組み合わせが新鮮! お気に入りポイントを教えてください。

トレンドのグレンチェックですね。プライベートでも「琳加ちゃん、またチェック買ったの!?」ってまわりから突っ込まれるくらい買い込みました(笑)。ほかにもパープルやイエローの色物やファーを組み合わせていて、今っぽいコーディネートがお気に入りです。

――どのようなチェックアイテムを買いましたか?

最近買ったのはジャケットとショートパンツ、セットアップですね。ジャケットを羽織るときは、「リンカ丈」って言われているひざ上20cmのショートパンツと合わせて、ぬけ感を出すようにしています。

――足の長い久間田さんだからこそできるコーディネート! 「Seventeen」に移籍してから、服装に変化はありましたか?

大人っぽい服装が増えてきましたね。以前のクローゼットはピンクや白などのガーリー系やスニーカーを履いた原宿系の服装が多くて。今は、黒のアイテムを取り入れたりパンプスを履いたりして、ファッションの変化を楽しんでいます。

――人生で一番思い入れのある服について教えください。

先日開催された読者招待イベント「Seventeen 夏の学園祭2017」という大舞台に立たせていただいたときに着たTシャツです。実は、専属モデルになってから1カ月も経っていないときだったので、みなさんに受け入れてもらえるかどうかドキドキで。「Seventeen」の文字が入ったこのTシャツを見るたびに「本当にこの雑誌のモデルになれたんだ」ってうれしさを噛み締めていました。記念として家に飾っています。

初々しさとは裏腹に「大物感」を漂わせる期待のルーキー

16歳という、あどけなさが少し残る顔つきの久間田さん。先輩モデルを素直に尊敬したり、「新垣結衣さんって本当に存在したんですね!」と目をキラキラと輝かせるなど、ピュアな素顔に編集部はメロメロ。しかし、初めてのランウェイにも「わくわくする」と大人な落ち着きも持ち合わせている発言やポージングの勉強を欠かさないというプロ意識に、今後の活躍を期待せずにはいられません。少し照れた表情で今後の夢について話す姿は、思わず応援したくなる気持ちでいっぱいにさせてくれました。

【プロフィール】

2001年2月23日生まれ。東京都出身。第16回「nicola」専属モデルオーディションのグランプリを受賞し、現在は「Seventeen」の専属モデルとして活躍中。ティーンのカリスマとしてTVや映画にも活躍の場を広げ、10月21日に公開の映画『ミックス。』にも出演。

(取材・文:新名砂月/マイナビウーマン編集部、撮影:前田立)

関連記事(外部サイト)