シンガーソングライター久保田利伸、憧れのNYで吐いた『捨てゼリフ』を後悔

記事まとめ

  • 日本のブラックミュージックの先駆者として高いカリスマ性を持つ久保田利伸
  • 1993年にニューヨークに初めて数カ月滞在、店で吐いた捨てゼリフを後悔したという
  • もっと気持ちをオープンにして、心の目を開いて歩こうと考え方を変えたと話している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております