「一線は越えていない」今井絵理子議員との不貞で人生が一変? 離婚調停、不正受給…有罪判決の元市議のその後は【芸能界“ドロ沼”不倫ファイル】

SPEEDの今井絵理子議員との不倫疑惑報じられ、元神戸市議・橋本健氏は人生が一変?

記事まとめ

  • SPEEDがライブのBlu-ray BOXを発売するが今井絵理子参議院議員は何かと世間を驚かせた
  • 175R・SHOGOと結婚し今井礼夢を出産するも離婚、2016年参院選で当選し国会議員に転身
  • 不倫疑惑を報じられた元神戸市議・橋本健氏と交際も、橋本氏は詐欺で有罪判決を受けた

「一線は越えていない」今井絵理子議員との不貞で人生が一変? 離婚調停、不正受給…有罪判決の元市議のその後は【芸能界“ドロ沼”不倫ファイル】

「一線は越えていない」今井絵理子議員との不貞で人生が一変? 離婚調停、不正受給…有罪判決の元市議のその後は【芸能界“ドロ沼”不倫ファイル】

今井絵理子氏

デビュー25周年を迎えたSPEEDが、過去のLIVE映像をコンパイルしたBlu-ray BOX「SPEED LIVE BOX - ALL THE HISTORY -」を3月30日に発売する。1996年8月、シングル「Body & Soul」でデビューしたSPEEDは、数々のヒット曲を世に送り出し平成の音楽史を彩った。2000年3月、人気絶頂の最中に一旦解散。2001年と2003年に2度の期間限定の再結成を経て2008年8月、『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』(日本テレビ系)の出演をもって完全復活したが、現在は実質グループとして活動はしていない。

 なかでも、現参議院議員の今井絵理子氏は何かと世間を驚かせた。2004年5月、175R・SHOGOと妊娠5カ月のデキ婚を発表。同年10月に聴覚障害のある長男でプロレスラー・今井礼夢を出産するも2007年9月に離婚に至った。2016年7月、第24回参議院議員通常選挙に比例区から出馬し、見事に当選。今井は国会議員へと転身を遂げた。

 しかし2017年7月、元神戸市議会議員・橋本健氏との不倫疑惑を『週刊新潮』(新潮社)に報じられた。記事によると、都内の今井議員のマンションに橋本氏のものと思われる神戸ナンバーのスポーツカーが停車し、今井議員を乗せると猛スピードで走り去り、日付が変わるまで帰ってこなかったという。

 翌朝、2人は新幹線グリーン車で新大阪へ向かい、車内で2人が手を握り合いながら眠っている写真が激写された。新大阪駅に到着した2人は一旦別れたが、再び合流し、夜は府内のホテルの同じ部屋に消えていったという。記事には、今井議員が濡れた髪のままパジャマ姿でホテルの部屋から出てきた姿も掲載された。

 「当時、橋本氏は学生結婚した妻との間に2児をもうけていましたが、長らく別居状態にあり、夫婦関係は破綻していたのだとか。とはいえ事実上、既婚者の橋本氏を今井議員が略奪したという形となり、世間からの批判や失望の声は後を絶ちませんでした」(芸能関係者)

 今井議員は同誌の取材に対し、「男女の関係はありません。一線は越えていないんです」と強調し、不倫関係を否定。一方の橋本氏も報道を全否定した。さらに同誌発売同日、今井議員は議員事務所を通じて報道各社にFAXでコメント。今井議員は、2017年に入って地方活動が多くなると、仕事で会う機会が増え、「個人的に好感を持つようになりました」という。そのうちに2人だけで話す機会も増え、関係が単なる「政治家同士」ではなくなったとした。

 また、橋本氏からは妻との別居と「近く離婚調停になる」という話を聞いていたと主張し、「最近になって市議から交際の申込みがありました」と告白。続けて、「私も好意を抱いていたのは事実ですが、市議の結婚生活が長く破たんし、現在離婚調停をしているとはいえ、法律上はまだ妻帯者なので、『一線を越えてはいけない』と思い、『きちんとけじめをつけてから考えましょう』と申し上げました。そして、今日までこの約束を守ってもらっています」と説明した。

 だが、同誌は翌8月、橋本氏の政務活動費処理にまつわる疑惑を報じたのだ。結果、2010年度からの5年間、架空の領収書を使った政務活動費の不正受給が発覚。橋本氏は議員辞職に追い込まれ、同年末には妻との離婚が成立し、経営していた歯科医院も閉鎖するハメになったという。 

 2018年10月、今井議員は自身のブログで橋本氏の離婚成立後に「交際を始めた」と宣言。しかし、政務活動費を不正に受け取った橋本氏は同月、詐欺罪で懲役1年6カ月、執行猶予4年の有罪判決を受けるなど交際は前途多難といわれた。

 2021年3月、今井議員宅での2人の同棲を『FRIDAY』(講談社)に報じられ、再婚を示唆。今井議員は同誌の取材に「良いお付き合いをさせていただいております」とコメントしたことから、再婚が現実となる日は近いのかもしれない。

関連記事(外部サイト)