橋本マナミ「頭おかしくなりそうに…」バラエティ番組の苦労明かす 元フジ・大島アナにも強烈ダメ出し

橋本マナミ「頭おかしくなりそうに…」バラエティ番組の苦労明かす 元フジ・大島アナにも強烈ダメ出し

橋本マナミ

3月8日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)で、橋本マナミが番組MCを務める元フジテレビの大島由香里アナウンサーに、ガチの“強烈ダメ出し”を行った。

 番組では、菅田将暉が俳優業とミュージシャンの両立が難しいと述べたことから、出演者の間で議論が交わされた。遠野なぎこは「舞台の後に『ばらダン』(出演)とか、割と切り替えられるものだなと思いました」と自身の体験を踏まえコメント。

 さらに、大島アナが「フジテレビ時代に、バラエティの後にニュースみたいな時はけっこう大変だった」と話すと、橋本が「仕事先の知り合いの『ばらダン』ファンの話」として、大島アナにダメ出しを行った。その知り合い曰く、「(大島アナは)『ばらダン』の時はのびのびしてるんだけど、『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)出た時にすごい気を遣われていて、大島さんらしくなくてちょっと嫌」だったようだ。これには、ネット上で「マジのダメ出し来た」「こういうのって、やっぱり視聴者にバレるもんだな」といった声が聞かれた。

 橋本のツッコミに、大島アナも「気、遣いますよ。タモリさんを前に」と釈明。さらに同じくMCのふかわりょうから「ここには気を遣っている?」と問われると、こちらにも大島アナは「遣ってます」と即答していた。

 また、この日の放送では、橋本はバラエティ番組での苦労体験も暴露。「バラエティってアンケート書くじゃないですか。あれが溜まりに溜まっちゃった時があって、あれは芸人さん大変だなと。頭おかしくなりそうになりました」と語っていた。番組出演にあたり、エピソードなどを記入するアンケート作成に苦労したようだ。これにも、ネット上では「まなみん、そんな悩みがあったのか」「アンケートは使われなくても、めちゃめちゃ書かされるって聞くな」といった声が聞かれた。

関連記事(外部サイト)