おぎやはぎ小木、木下ほうかに「よくよく考えたらやってそう」仕事でも共演、性加害疑惑に持論

おぎやはぎ小木博明が木下ほうか"性加害"疑惑に言及 「やってそう」とバッサリ

記事まとめ

  • 『バイキングMORE』で、おぎやはぎ小木博明が木下ほうかの疑惑に言及した
  • 小木は「知ってる方ですから、悪いようなことは言いたくない」と発言
  • しかし「やっぱりやってそうだなとは思いましたね」と斬り捨てた

おぎやはぎ小木、木下ほうかに「よくよく考えたらやってそう」仕事でも共演、性加害疑惑に持論

おぎやはぎ小木、木下ほうかに「よくよく考えたらやってそう」仕事でも共演、性加害疑惑に持論

おぎやはぎ・小木博明

おぎやはぎ小木博明が、30日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)に出演した際、性行為強要疑惑で揺れる俳優・木下ほうかを斬り捨てた。

 複数の女性への性行為強要を告発されたことで、無期限の芸能活動を停止し、所属事務所からも契約解消の憂き目に遭った木下。これを報じた『週刊文春』(文藝春秋)によると、「俺とつながればいろんな監督を紹介してやれる」と言われ、木下と2人で飲んだ帰り、その自宅で性行為を迫られたという。

 さらには「これを断るようなメンタリティーじゃ、この世界でやっていけない」という言葉などもあったようで、女性は「断ることができなかった」と証言しているという。
 
 スタジオでは、今回の彼の一件について話し合われていた。司会の坂上忍からコメントを求められると、小木は「まあ、そうですね、あの〜、何だろうな…」と一瞬、口ごもった。坂上が「パスでもいいですよ」と促すと、小木は口を開き始め、「木下ほうかさんは僕、お仕事でもお会いしましたし、人当たりも良くて優しくて面白いので、本当にこのニュースを見た時にはビックリした」と率直な印象を吐露。

 そして、「本当は知ってる方ですから、悪いようなことは言いたくないんですけど」と前置きしつつ、「でも、こういう事件が出てよくよく考えたら、やっぱりやってそうだなとは思いましたね」といきなりバッサリ。これに相方の矢作兼は「最低だな!最低なやつだな! 」「何を言うのかと思ったら、一番最低なことを言う」と苦言。

 それでも小木は構わず、「そういう立場を利用しそうだなっていうね。モテない男性って、こういうことでしか女性と交じり合えないというか。今思えば、そうだったんだなって」とぶっちゃけた。小木の暴論に矢作は「今思えばっていうやつが一番だせえよ」と一喝していた。

 『バイキングMORE』終了に伴い、おぎやはぎの出演もこの日が最後。アクセル全開、偏見に満ちた“論破”に、ネットでは「ド直球」「モテないは言うたらあかん」「さすが小木」「小木よく名誉毀損で訴えられないな」「皆が言わない事を」「小木無双」「一番ひどいこと言ってる」「小木はいつも正解」といった声が寄せられている。

関連記事(外部サイト)