「映していいの」久々テレビ出演の羽賀研二に視聴者困惑 保釈期間中は身元を隠してアルバイトも

久々テレビ出演の羽賀研二に視聴者困惑 『金田一少年の事件簿』スペシャル版に出演

記事まとめ

  • 『金田一少年の事件簿』SP版が再放送され、羽賀研二が久しぶりにテレビに映された
  • 羽賀は2007年6月に詐欺容疑で逮捕され最近まで服役し、昨年9月に出所しているそう
  • 視聴者からは「羽賀研二ってテレビ出て良いんだね」という戸惑いの声も挙がっていた

「映していいの」久々テレビ出演の羽賀研二に視聴者困惑 保釈期間中は身元を隠してアルバイトも

「映していいの」久々テレビ出演の羽賀研二に視聴者困惑 保釈期間中は身元を隠してアルバイトも

羽賀研二

KinKi Kidsの堂本剛が主演を務め1995年から放送された『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)のスペシャル版が再放送され、当時、同ドラマに出ていた羽賀研二が久しぶりにテレビに映された。懐かしいという声が挙がる一方で、羽賀は2007年6月に詐欺容疑で逮捕され最近まで服役していたことから「羽賀研二って映していいのか」「羽賀研二ってテレビ出て良いんだね」という戸惑いの声も挙がっていた。

 羽賀といえば、2007年6月に逮捕され、2013年に懲役6年の実刑判決が確定。服役中にも、強制執行妨害の疑いで再び逮捕され、2020年9月になって懲役1年2カ月の実刑判決を言い渡されている。羽賀は沖縄刑務所に服役したが、昨年9月に出所しているとのことだ。とはいえ、公の場で羽賀を見る機会はほとんどない。羽賀は今、何をしているのだろうか。

 「刑務所では真面目に刑に服し、素手でドブさらいやトイレ掃除などもしていたみたいです。ですが芸能人ということもあり、いじめのターゲットになってしまっていたのだとか。精神的にも追い詰められ、服役中はげっそりとやせ細ったとのうわさです。現在は出所しているため、今回の『金田一少年の事件簿』の再放送では羽賀さんの出演シーンはカットされなかったのだと思います。とはいえ羽賀さんをテレビで見ることに違和感を抱く人も多く、芸能界復帰は難しいでしょうね」(芸能記者)

 そんな羽賀だが、刑務所の外では地に足がついた行動を心がけていたようだ。
 「刑務所に入る前の保釈期間中には、移住先の沖縄県内の飲食店でアルバイトをしていたみたいです。時給900円前後と決して高給ではなかったですが、真面目に働いていたようですね。店に迷惑を掛けたくないという気持ちからか、羽賀さんがバイトをしていた頃はコロナ禍ではなかったにもかかわらず、マスクをして顔バレしないようにしていたのだとか。お客さんから羽賀さんですかと聞かれても否定していたとのことです。ちなみに現在は、沖縄で人材派遣の会社を立ち上げ、地道に頑張っているみたいです。保釈期間中のアルバイトは執行猶予の可能性を高めるためのパフォーマンスとの声もありましたが、今は心を入れ替えたようですし、本当に反省をしているのでしょう」(前出・同)

 なお、離婚した元妻との関係は複雑なようだ。
 「羽賀さんは2006年に元テレビ制作会社社員の女性と結婚しのちに離婚。3月に『フラッシュ』(光文社)に掲載されたインタビューによれば、羽賀さんは現在、元妻と弁護士を通じてしか連絡が取れなくなっているそうです。ですが、逮捕当時は刑務所に月に2回、元妻が面会に来てくれていたみたいですよ。結婚中も元妻は羽賀さんの母の介護のためにヘルパー2級を取って献身的に介護をしていたみたいですし、いい関係性だったのでしょう」(前出・同)

 なお、偽装離婚による財産隠しが疑われ元妻も逮捕されており、2020年に懲役1年6カ月、執行猶予3年の判決が言い渡されている。羽賀にその気があるかは定かではないが、逮捕歴やプライベートでの危うさもあることから、芸能界復帰は遠い道のりと言えそうだ。

関連記事(外部サイト)