独立後の初主演発表の竹野内豊、オファーが困難? 意外な悪い評判も

竹野内豊と山田孝之が映画ダブル主演 竹野内は優柔不断な性格で意外な悪い評判も

記事まとめ

  • 竹野内豊と山田孝之がダブル主演を務める映画「唄う六人の女」が製作されると報道
  • 竹野内は独立後は実姉がマネージャーの役割をしているが、なかなか連絡が取れないよう
  • 竹野内は優柔不断な性格でOKが出たシーンでも、撮り直しをさせることがあるのだとか

独立後の初主演発表の竹野内豊、オファーが困難? 意外な悪い評判も

独立後の初主演発表の竹野内豊、オファーが困難? 意外な悪い評判も

竹野内豊

俳優の竹野内豊山田孝之がダブル主演を務める映画「唄う六人の女」(2023年公開予定)が製作されることを、各メディアが報じた。

 記事によると、2人は正反対の性格の男、萱島(竹野内)と宇和島(山田)を演じ、車の事故である美しい村に偶然迷い込んでしまった2人が、村に住む美しくも奇妙な6人の女たちに翻弄されていく姿を描くという。

 竹野内は昨年いっぱいで所属事務所・研音から独立後、初めて発表された主演作品。また、2人は11年に公開された映画「太平洋の奇跡ーフォックスと呼ばれた男ー」で共演歴がある。

 竹野内は「山田孝之さんとは11年ぶりの共演となります。力を合わせ、面白い映画を作りたい」と意気込んでいる。

 「竹野内といえば、一部でも報じられていたが、独立後は実姉がマネージャーのような役割をしているが、もともと、芸能関係の仕事に携わっていたわけではないので、なかなか連絡が取れず、オファーをするのが困難だと言われている。とはいえ、実績も人気もある俳優なので作品に使いたい監督は多いのが現状。独立後も仕事には困らないだろう」(映画業界関係者)

 そんな竹野内に関する意外な評判を、発売中の「週刊文春」(文芸春秋)が報じている。

 竹野内は優柔不断な性格で、OKが出たシーンでも後々まで悩んで、監督に「さっきのシーン、やっぱりこうした方がいいと思うんだけど、どう思う?」と撮り直しをさせることがあるのだとか。

 現場にマネージャーがいれば、スタッフもマネージャー経由で要望を伝えやすいが、フリーの役者の場合、マネージャーを付けず1人で来る人もいるので、スタッフは逆にやりづらいのだという。

 すでに昨春のフジテレビ系月9ドラマ「イチケイのカラス」の映画版の主演も決まっているというが、ドラマ版の撮影では、法律用語が多いせいもあり、なかなかセリフが出ず、長台詞だと最低でも1、2回、多いと6、7回もNGを出してしまっていたというのだ。

 起用するのはいいが、製作サイドはかなりの忍耐力が求められそうだ。

関連記事(外部サイト)