日曜劇場『マイファミリー』、犯人が判明も視聴者から大ブーイング!

二宮和也主演・TBS日曜劇場『マイファミリー』、視聴から犯人にブーイング

記事まとめ

  • 日曜劇場『マイファミリー』(TBS系)第6話が15日に放送され、誘拐事件の犯人が明らかに
  • キービジュアルにも載っていない脇役が犯人という展開に、視聴者からはブーイング
  • 『期待外れ』『なんでこんな印象薄い人が…』『予告に釣られた』などと声が挙がった

日曜劇場『マイファミリー』、犯人が判明も視聴者から大ブーイング!

日曜劇場『マイファミリー』、犯人が判明も視聴者から大ブーイング!

高橋メアリージュン

日曜劇場『マイファミリー』(TBS系)の第6話が15日に放送され、平均視聴率が11.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことが各社で報じられている。第5話の12.0%からは0.3ポイントのダウンとなった。

 第6話はまたしても起こった卑劣な誘拐事件。今度は阿久津(松本幸四郎)と絵里(森脇英理子)の娘・実咲(凛美)がさらわれ、温人(二宮和也)は犯人から一方的に共犯者扱いされてしまう。そんな中、温人は犯人から身代金を運ぶ係に指名されるが――というストーリーが描かれた。

※以下、ネタバレあり。

 第6話終盤では、金を運ぶ係に指名された温人に不信感を抱いた絵里が、身代金の入ったスーツケースにGPSを入れたことが判明。温人は急遽GPSを追い、犯人がレンタル倉庫で受け取った金を入れ替える場面を目撃。しかし、犯人の顔を見た瞬間、何者かに後ろからスタンガンを当てられ、気絶するという展開となった。

 しかし、視聴者からは温人が目撃した犯人にブーイングが集まっているという。

 「その正体は温人の会社・ハルカナの社員である鈴間(藤間爽子)。髪の毛が落ちるのを防ぐためか、帽子を深くかぶっていましたが、当然温人はすぐに気づき、『なんで……?』と呟いていました。鈴間はこれまでも何度か作中に登場してきたものの、演じている藤間爽子は女優としてのキャリアはあまりなく、視聴者にほとんど印象を残していなかった存在。そのため、登場時にはネット上から『誰!?』『誰だよ!』『こんな人いたっけ?』という混乱の声が起こってしまいました」(ドラマライター)

 第6話の予告では、温人のこの「なんで……?」のセリフが強調されていたが――。

 「誘拐モノとあって、登場人物すべてが怪しいという状況ですが、鈴間はキービジュアルにも載っていない脇役。それだけに犯人が鈴間という展開に、ネットからは『期待外れ』『なんでこんな印象薄い人が…』『なんか残念』『予告に釣られた』という声が集まっています。一方、犯人がハルカナの社員ということで、ストーリーの中心人物・香菜子(高橋メアリージュン)の関与もあるのではないかと期待する声も集まっていました」(同)

 ガッカリ真相となってしまったが、第7話で挽回できるだろうか――。

関連記事(外部サイト)