園子温監督の性加害報道、法廷闘争へ “脅し”で済まなかったワケは

園子温監督の性加害報道が法廷闘争へ 法的措置を示唆する "脅し"で済まなかった理由

記事まとめ

  • 女優に対する性加害疑惑を報じられた映画監督の園子温氏が「主婦と生活社」を提訴した
  • 「芸能人の事務所側などが法的措置を示唆しても、大半は"脅し"のみ」と芸能記者
  • 「提訴するということは、よほどガマンできなかったのだろう」とも

園子温監督の性加害報道、法廷闘争へ “脅し”で済まなかったワケは

園子温監督の性加害報道、法廷闘争へ “脅し”で済まなかったワケは

園子温監督

複数の女優へ対する性加害疑惑を報じられた映画監督園子温氏が18日付で、記事を掲載した「週刊女性」の発行元である「主婦と生活社」を提訴したことを19日、自身の制作プロダクション「シオンプロダクション」の公式HPに直筆の署名入りの文書を掲載し公表した。

 文書の書き出しでは、騒動について謝罪。続けて、《2022年4月5日発売号の週刊女性の記事の内容は事実と異なる点が多々ございます。また、翌週の4月12日発売号の記事の内容も同様です》と説明。

 そのうえで、《代理人と相談の上、昨日、週刊女性の発行元である主婦と生活社を被告として、損害の賠償と謝罪広告、インターネット上の記事の削除を求める訴訟を提起いたしました》と報告。

 

 そのうえで、《今後、この裁判の中で、記事の内容が事実でないことを明らかにして参りたいと考えております》ともつづった。

 「このところ、芸能人の事務所側など、スキャンダルを書かれた方が法的措置を示唆することはあったが、大半は脅し≠ナ、怒りの矛先を収めて提訴しないケースばかりだった。ところが、園監督はしっかりと提訴して法廷闘争に発展。そこで真実を明らかにすることになった」(芸能記者)

 国内では売れっ子映画監督の1人だった園監督だが、今回の報道を受けてすでに決まっていた仕事が飛んでしまったことも報じられてしまったというだけに、この状態から信用を回復するのはなかなか至難の業だと思われる。

 「被害を訴えている女優は複数いるだけに、すべての件が『事実と異なる』わけではないのでは。おそらく、自身にとって不都合な真実≠熄oてくると思われるが、それでも提訴するということは、よほどガマンできなかったのだろう。さすがに、対面はしないだろうが、法廷で被害者と対峙することになるのでは」(同)

 関係者たちも証人として出廷することになりそうで、あっと驚く芸能人の出廷があるかもしれない。

関連記事(外部サイト)