【放送事故伝説】ダウンタウンの背後に「謎の黒い物体」が映り込んだ?

【放送事故伝説】ダウンタウンの背後に「謎の黒い物体」が映り込んだ?

ダウンタウン・松本人志、浜田雅功

夏が近づき、蚊をはじめとする虫たちが飛び回る季節となった。

 特にここ数年はコロナ禍の影響もあり、換気のために窓を開け空気を入れ換えなければならず、虫が屋内に入り込んでくることも多くなってきたことだろう。

 その悩みはテレビの撮影現場も同様。どうしても入り込んでしまう虫の処理には常に頭を悩ませているという。

 

 そんな現場の苦労が垣間見えたのが、2020年夏に放送されたフジテレビ系『ダウンタウンなう』(2015〜2021年)でのある出来事だ。

 この日は某女優と共に、レギュラーのダウンタウンと坂上忍が東京都港区の居酒屋でロケを行っていた。収録当時は既に新型コロナウイルスがまん延していた時期で、店内で密にならないよう間隔をとって収録が行われていた。

 ハプニングはその時発生した。
 
 店の壁側に座っていた松本の背後に一瞬ではあるが、黒い点のようなものが動いていたのだ。その黒い点はどう見ても「ハエ」であった。

 『ダウンタウンなう』は飲食店ロケの番組であるため、放送では虫の映り込みについて特に触れられなかったが、ネットでは突然のハエの登場に「飲食店なのにハエがいた?」と大騒ぎになっていた。

 そもそもテレビ撮影は照明が強くたかれており虫が集まりやすく、コロナ禍であったこともあり換気をいつも以上にしっかり行った結果、飲食店には絶対にいてはいけないハエが侵入してしまっていたのだ。

 真夏の虫にはくれぐれもご注意願いたい……。

関連記事(外部サイト)