綾野剛主演の新ドラマ、キャスティングの裏側 女性関係の影響が大きい?

綾野剛主演の日曜劇場『オールドルーキー』キャスト続々と発表 スポンサー決まらずか

記事まとめ

  • 綾野剛が主演する日曜劇場『オールドルーキー』のキャスト陣が続々と発表されている
  • 綾野は、ガーシーこと東谷義和氏から、7年前の未成年飲酒と淫行を暴露されている
  • ドラマ撮影はスタートしているが、スポンサーがなかなか決まらない異常事態だとか

綾野剛主演の新ドラマ、キャスティングの裏側 女性関係の影響が大きい?

綾野剛主演の新ドラマ、キャスティングの裏側 女性関係の影響が大きい?

綾野剛

ガーシーことユーチューバーの東谷義和氏から、7年前の未成年飲酒&淫行を暴露され渦中の俳優の綾野剛だが、7月にスタートする主演のTBS系日曜劇場「オールドルーキー」のキャスト陣が続々と発表されている。

 TBSは23日から連日キャストを発表しているが、30日までに発表されたのは、高橋克実、子役2人、岡崎紗絵、NEWSの増田貴久、芳根京子、中川大志、榮倉奈々、反町隆史。このうち、ヒロイン的な存在は、綾野演じる主人公の妻を演じる榮倉だ。

 「綾野と榮倉は、2016年に前後編が公開された映画『64-ロクヨン-』で共演したので気心が知れている。綾野の場合、作品を重ねるごとに共演者選びが難しくなっているが、そうなったのも自業自得」(テレビ局関係者)

 このところ、主演作がメインの綾野だが、2003年にデビューしてからブレークまでは時間がかかったが、もともと、女性関係は派手で、そのことが仕事に影響を与えてしまったのだというのだ。

 「有名どころでは、戸田恵梨香、橋本愛、佐久間由衣らとの交際が報じられていたが、あまり別れ方や交際中の態度が良くなかったようで、3人の所属事務所の女優と綾野との共演はNGになっている。新ドラマに出演が発表された岡崎、芳根、榮倉はセーフ≠ネ事務所。3人のうち、榮倉は既婚者、芳根は業界内でも力のある事務所なので、岡崎が狙われてしまうのでは」(芸能記者)

 一部報道によると、すでにドラマの撮影はスタートしているものの、この時期になっても暴露の影響のせいか、スポンサーがなかなか決まらない異常事態を迎えているというのだ。

 「東谷氏の動画の視聴者は少なからず、日曜劇場のメインスポンサーの飲料メーカー・サントリーやTBSに抗議を重ねている。自社がスポンサーに名乗りを上げることで自社ブランドに傷が付くのを恐れて、そういう動きになっているのでは」(広告代理店関係者)

 まだまだ放送開始に向けて、暗雲が漂っているようだ。

関連記事(外部サイト)