佐野勇斗、赤ちゃん語や変顔で“お兄ちゃん”ぶり発揮! 大沢あかねと初共演で姉弟役に挑戦、ベビー向け電動歯ブラシCM放映開始

佐野勇斗、赤ちゃん語や変顔で“お兄ちゃん”ぶり発揮! 大沢あかねと初共演で姉弟役に挑戦、ベビー向け電動歯ブラシCM放映開始

⒞『BabySmile』

タレントの大沢あかねとボーカルダンスユニット・M!LKの佐野勇斗が、6月8日より全国(一部地域を除く)で放映開始されるベビー向け家庭用医療機器ブランド『BabySmile』のCMに出演する。

 同CMでは、今回が初共演となる大沢と佐野が姉弟役として登場。まだ幼い息子に『BabySmile』の小児用電動歯ブラシを使う大沢の様子を見て「何それ、電動!?」「まだ赤ちゃんじゃん」と驚く佐野。すると大沢は、「今日の健康づくりは、赤ちゃんにとって将来の健康の基礎づくりである」と語り、赤ちゃんも楽しそうに自分で歯ブラシを持ち、口に運んでご満悦。家族のために製品選びにもこだわるという、愛情溢れる姿が印象的なストーリーとなっている。

 撮影では、私生活でも3児の母である大沢が、共演した赤ちゃんにおもちゃをプレゼントしたり、あやしたりする母親らしい一面が見られた。佐野は遊びだした赤ちゃんの近くにあったコップを倒さないよう移動させたり、変顔をして見せたり、慣れてくると抱っこをせがまれるなど、赤ちゃんと打ち解ける様子も。さらに、おもちゃで喜ぶ赤ちゃんに大沢と佐野が赤ちゃん語で話しかけるなど、終始和やかな雰囲気の現場だったという。

 初共演の感想を聞かれると佐野は、「もちろん大沢さんのことは知ってたんですが、実際にお会いして、やっぱりお子さんがいらっしゃることもあると思うんですけど、赤ちゃんの接し方に慣れていて、多少ぐずったりしてしまう時も大沢さんがあやすと、おりこうになるのはさすがだなと思って。心からいい方なんだなと思いました(笑)」とコメント。大沢は「テレビやドラマでは拝見させていただいていたんですけども、ものすごく爽やかで、は~素敵、って、よりファンになっちゃいました」と明かした。

 また、自身の子どもを見て『親に似たなぁ』と思う所について大沢は、「5歳の長男が変顔したりとか、変なこと言ったりとか、多分クラスで女子にちょっと『え~』って言われるタイプの…パパに似ちゃったのかなと思ってますけどね~。将来が不安です」と、夫・劇団ひとりへのクレームも?

 一番下の弟と11歳離れているという佐野は「育児の本を見たりして、オムツも変えたり、もちろんミルクもあげたり、すごくやってた記憶はあります。生まれる前も楽しみすぎて、エコーの写真が載ってる本ってありますよね。あれを読み漁ってました、小6で」と育児についての思い出を振り返っていた。

 CMに登場する電動歯ブラシ『ベビースマイルレインボー』は、公式オンラインショップにて販売中。

公式オンラインショップ:https://shop.babysmile-info.jp/

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?