渦中の河瀬監督の五輪映画、早くも大爆死が確定? イメージダウン必至か

河瀬直美監督の東京五輪映画は大爆死が確定? 暴行報道でイメージダウン必至とも

記事まとめ

  • 映画「東京2020オリンピック SIDE:A」は公開されたばかりだが閑古鳥が鳴いている
  • 裏方にスポットを当てた『SIDE:B』も大爆死することは決定的だとか
  • 週刊文春は河瀬直美監督の"暴行"を報じており、イメージダウンは必至とも

渦中の河瀬監督の五輪映画、早くも大爆死が確定? イメージダウン必至か

渦中の河瀬監督の五輪映画、早くも大爆死が確定? イメージダウン必至か

河瀬直美監督

「国内映画ランキング」(興行通信社提供)が6日に発表されたが、3日に大規模公開となった東京五輪の公式記録映画「東京2020オリンピック SIDE:A」(河瀬直美監督)はトップ10圏外で、集客に苦戦していることが明らかになってしまった。

 同映画は五輪開催に至るまでの約750日、5000時間の記録を元に、異例づくしだった東京五輪の一部始終を追った作品。

 3日に公開されたアスリート視点の「SIDE:A」に加え、ボランティアや医療従事者ら支える側を描いた「SIDE:B」が24日に公開される。

 河瀬監督は5日、都内で「SIDE:A」の記者会見を、出演している柔道男子73キロ級で五輪2連覇を果たした大野将平とともに行った。
 
 同作は仏カンヌ国際映画祭で上映されたが、河P監督は「たくさんの人たちが『待っていた』と迎えてくれたので感無量。一番最高のお披露目ができた」と充実の表情を浮かべていたのだが……。

 「公開されたばかりなのに、全国各地の劇場では閑古鳥が鳴いている。そもそも、国民は五輪そのものに興味はあっても、その内幕には興味がない。おまけに、河瀬監督がカメラを向けた対象の人選は自分の好みで決めていて、大野は河瀬監督の出身地・奈良県にある天理大学を卒業。アスリートを登場させた『SIDE:A』でこの集客ぶりだから、裏方にスポットを当てた『SIDE:B』も合わせて大爆死することは決定的」(映画業界関係者)

 河瀬監督といえば、「週刊文春」(文芸春秋)で過去の撮影スタッフに対する暴行を報じられているが、これまでその件については記事が出て以降、口を閉ざしてしまっている。

 公開のタイミングに合わせて記事が出てしまったが、本来ならばしっかりと説明なり釈明する責任があるが、イメージダウンは必至。少なからず、映画の集客に悪影響を与えていることは疑いようのない事実だろう。

関連記事(外部サイト)