『トップガン』トム・クルーズに便乗し黒歴史? 織田裕二の知られざる主演映画

織田裕二主演で1990年公開の“日本版・トップガン” トム・クルーズに便乗も惨敗

記事まとめ

  • 『トップガン』続編でトム・クルーズ主演『トップガン マーヴェリック』が公開された
  • 1986年の前作公開当時、日本ではトムのファッションなどがブームになった
  • ブームに便乗すべく、織田裕二が“日本版・トップガン”に挑んだが、興行収入は惨敗

『トップガン』トム・クルーズに便乗し黒歴史? 織田裕二の知られざる主演映画

『トップガン』トム・クルーズに便乗し黒歴史? 織田裕二の知られざる主演映画

トム・クルーズ

ハリウッドスター、トム・クルーズの主演作「トップガン マーヴェリック」が5月27日に日米同時公開され、国内では6月3日までで興行収入20億円を突破した。

 同作は1986年に公開されたスカイアクション「トップガン」の続編。トム演じる主人公がエリートパイロットチーム・トップガンに教官としてカムバックし、極秘ミッションに挑むさまが描かれる。

 「もともと、2020年に公開予定がコロナの影響で延期になったこともあり、日本中のトムのファンが公開を待ちわびていた。前作を見たファンの中ではリピーターが続出。まだまだ、興収は伸び続けるだろう」(映画業界関係者)

 86年の前作公開当時、日本では劇中でのトムのファッションや乗車していたバイクがブームになるなど、社会現象を巻き起こすほどだったが、そのブームに便乗すべく、あの大物俳優が日本版・トップガン≠ノ挑んでいたのはあまり知られていない話だ。

 「駆け出しだった織田裕二が主演して1990年に公開されたのが『BEST GUY』。航空自衛隊の全面協力を得て、パイロットに与えられる最高の栄誉とされるBEST GUYの座を懸けて特別強化訓練に臨むF-15Jイーグルのパイロットたちの姿を描いた。自衛隊の実機による実際の飛行撮影が行われたが、実機の迫力と特撮場面とのギャップが大き過ぎるなど評価が低く、興行収入は惨敗。結局、織田はトムのようにはなれなかった」(芸能記者)

 おそらく、今後も織田の口から語られることはなさそうな同作。

 とはいえ、トムは「トップガン」以後、「ミッション:インポッシブル」シリーズが代表作となり、来年、最新作が公開される。

 一方、織田は、ドラマ・劇場版ともにヒットした「踊る大捜査線」シリーズが代表作となったが、新シリーズ制作の動きはなし。トムにならって、代表作のシリーズを続けてほしいものだ。

関連記事(外部サイト)