中学生YouTuber、規制に嘆きも納得の声? グミやからあげ咀嚼音動画がメインだった

中学生YouTuber・ひまひま、YouTube規約改定を受け30本の動画を削除し嘆き

記事まとめ

  • 中学生YouTuberの「ひまひま」が、YouTubeの規約改定を受け、30本の動画を削除した
  • 規約改定で「未成年者への不適切な注目を喚起するような活動やASMRを披露」が禁止に
  • コメント欄には「可哀想」と同情が集まる一方、ネット上では「それがルール」と指摘も

中学生YouTuber、規制に嘆きも納得の声? グミやからあげ咀嚼音動画がメインだった

中学生YouTuber、規制に嘆きも納得の声? グミやからあげ咀嚼音動画がメインだった

ひまひまチャンネルより https://www.youtube.com/watch?v=9aoJ7KcOZoY

UUUMに所属している「ひまひまチャンネル」を運営している中学生ユーチューバーの「ひまひま」が、ユーチューブの規約改定を受け、累計再生回数600万回以上分となる、30本の動画を削除したことを報告した。

 事の発端となったのは、6月6日までに改定された「子どもの安全に関するポリシー」。その中で、未成年者が出演するコンテンツの中で、「未成年者への不適切な注目を喚起するような活動(体の不自然な捻じ曲げや ASMR(聴覚や視覚への刺激によって得られる、心地よい反応や感覚を楽しむ動画)など)を披露するもの」が禁止に。ユーチューバーの間で大きな注目を集めていた。

 そんな中、ひまひまは12日に「6年間積み上け?たものか?一夜にして消え去った、悲しいお知らせと今後について。」という動画を公開。一緒に出演した父親が今回の規約改正について触れ、「今までやってきたものが結構ダメになった」と報告。これまでアップしていたASMR動画の累計再生回数が600万回以上あったことを明かした。

 ひまひまは「ひどくないですか?」と嘆きつつ、動画を残しておくとチャンネル停止になってしまう可能性があるため、ASMR動画を削除したことを告白。ひまひまは「好きだったし、もっとやりたかったから、なんで? と思いました」と言いつつ、「しょうがないよねという感じでした」と諦めた様子で語っていた。

 ひまひまがこれまでアップしていたASMR動画は、「【ASMR】地球ク?ミを食へ?る音&ストローをハ?リハ?リと食へ?る咀嚼音♪」「【ASMR】ハ?リッハ?リのク?ミ『ク?ミッツェル』食へ?るめっちゃいい音【咀嚼音】」「【ASMR】台湾唐揚け?大鶏排(タ?ーシ?ーハ?イ)をサ?クサ?ク食へ?る音&炭酸水カラカラ♪【咀嚼音】」など、咀嚼音がメイン。一方、削除したASMR動画は「LINE VOOM」にアップするという。

 この報告に、動画コメント欄には「可哀想」「改定の意味が分からない」「ひまちゃんのASMR毎回楽しみにしてたのに」という同情が集まることに。

 一方、ネット上からは「YouTubeのルールのもと、やってるんだから仕方ない」「未成年者の発信はそれだけリスクがあるということ」「今までが殿様商売だっただけ」「それがルール」という厳しい指摘も寄せられていた。

記事内の引用について
ひまひまチャンネルより
https://www.youtube.com/watch?v=9aoJ7KcOZoY
YouTubeのポリシー「子どもの安全に関するポリシー」より
https://support.google.com/youtube/answer/2801999

関連記事(外部サイト)