『ロンハー』ドッキリでの窃盗行為?「笑いにしちゃだめ」「倫理的にどうなの」厳しい指摘も

『ロンドンハーツ』ドッキリ企画に窃盗行為を指摘する声 私有地の物を勝手に持ち帰り

記事まとめ

  • 『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で行われたドッキリ企画が物議を醸している
  • 偽バンクシーが板に描いた絵をパンサー尾形は貰い、これを本物だと信じるという展開に
  • この板は私有地にあった物のようで、ネット上では「完全に窃盗」といった指摘も

『ロンハー』ドッキリでの窃盗行為?「笑いにしちゃだめ」「倫理的にどうなの」厳しい指摘も

『ロンハー』ドッキリでの窃盗行為?「笑いにしちゃだめ」「倫理的にどうなの」厳しい指摘も

パンサー・尾形貴弘

14日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で行われたドッキリの中で、犯罪行為が行われたのではないかとネット上で物議を醸している。

 問題となっているのは、この日放送された「もしもパンサー尾形がバンクシーと遭遇したら!?」というドッキリ。夜の高円寺でユーチューブの撮影をしているお笑いトリオ・パンサーの尾形貴弘が偽バンクシーと遭遇したら、信じてしまうのかどうか確かめるという検証になっていた。

 駐車場のような場所で板に絵を描いていた偽バンクシーは、パパラッチに追われているという設定で、尾形はパパラッチから偽バンクシーを守ってあげることに。偽バンクシーは「お礼する」と言い残して、尾形と連絡先を交換して去っていったが、尾形はその場に残されていた偽バンクシーの絵を、まんまと本物だと信じるという展開になった。

 そして、尾形は「これめっちゃ高いよ、これ持っていこうや!」と言い出し、絵が描かれた板を抱えて家まで持って帰ることに。「億だ、億」「悪いことしてなかったらご褒美だ」と興奮する様子が放送された。

 その後、尾形は偽バンクシーに絵を預かっていることを報告すると連絡。この一連の様子を、モニタリングしていたMCの田村淳らは大爆笑していた。

 しかし、尾形が板を持って帰るという行為に、ネット上からは「完全に窃盗」「公共の電波で窃盗見て面白がるってどうかと」「ドッキリじゃなかったら尾形は普通に犯罪やってることになる」「放送倫理的にどうなの?」「私有地のを勝手に持ち帰るのを笑いにしちゃだめでしょ」というツッコミが集まっていた。

 ドッキリのため、板はスタッフの用意したもので窃盗にはならないが、ドッキリではなかった場合は窃盗になる可能性もある尾形の行為。多くの視聴者がこの放送に困惑していた。

関連記事(外部サイト)