柴咲コウが芸能活動に力を入れることになったネガティブな理由とは

柴咲コウ、アパレル業赤字で芸能活動を活発的に? 福山雅治との「KOH+」も復活

記事まとめ

  • 福山雅治と柴咲コウによる音楽プロジェクト「KOH+(コープラス)」が9年ぶりに復活する
  • 柴咲は芸能活動をセーブすると言われていたが、急に仕事を入れ始めたという
  • 自身がプロデュースするアパレルブランドの商品が売れず、これを埋めるためとも

柴咲コウが芸能活動に力を入れることになったネガティブな理由とは

柴咲コウが芸能活動に力を入れることになったネガティブな理由とは

柴咲コウ

俳優で歌手の福山雅治と女優で歌手の柴咲コウによる音楽プロジェクト「KOH+(コープラス)」が9年ぶりに復活することを、各メディアが報じた。

 記事によると、同ユニットは、福山が主演する人気シリーズ「ガリレオ」の劇場版第3弾「沈黙のパレード」(西谷弘監督、9月16日公開)の主題歌「ヒトツボシ」を担当。

 福山がプロデュース、作詞作曲、ギターを手掛け、柴咲がボーカルを務める同ユニットは、2人が共演した2007年のフジテレビ系「ガリレオ」を機に結成。主題歌「KISSして」を歌って話題を呼び、08年の映画版「容疑者Xの献身」や13年のドラマ第2弾の主題歌も担当していた。

 

 今回、映画「真夏の方程式」以来の劇場版で、福山演じる変人の天才物理学者・湯川学と柴咲扮する熱血刑事・内海薫の名コンビが復活する物語を盛り上げるべく、同ユニットが再始動。

 9年ぶりの新曲となる主題歌「ヒトツボシ」(発売日未定)は、福山が柴咲の歌声や表現をイメージして当て書きしたという、切なくも優しい心に響くミディアム調のバラードだという。

 柴咲といえば、17日に最終回を迎えたTBS系ドラマ「インビジブル」での演技が話題に。

 また、吉岡秀隆主演のドラマ「Dr.コトー診療所」の続編が、劇場版として16年ぶりに復活。年末公開に向けて撮影が始まっていることを一部が報じたが、看護師役で出演していた柴咲も撮影に参加しているものと思われる。

 「北海道に移住し、芸能活動をセーブすると思われていた柴咲だが、急に仕事を入れ始めた。そうなったのも、やる気が出たというよりも、自身がプロデュースするアパレルブランドの商品が高額過ぎてなかなか売れず、運営会社の赤字が4億円ほどにふくらんだ。それを埋めるには芸能活動をこなすしかないので、仕事を入れまくっている」(芸能記者)

 仕方なしにやる気を出したようだ。

関連記事(外部サイト)