乃木坂46掛橋沙耶香、単独出演CMの第3弾放映開始! 地元岡山の“心の拠り所”で撮影、温泉や花見の思い出も明かす

乃木坂46掛橋沙耶香、単独出演CMの第3弾放映開始! 地元岡山の“心の拠り所”で撮影、温泉や花見の思い出も明かす

?SUENAGAグループ

 乃木坂46の掛橋沙耶香が、77日より岡山県・香川県内で放映開始されるSUENAGAグループの新CMに出演する。 

 
 
 掛橋は、20188月に坂道合同オーディションに合格。翌年9月に発売された乃木坂4624thシングル『夜明けまで強がらなくてもいい』に収録されているカップリング曲で初センターを務め、20219月発売の28thシングル『君に叱られた』では、初の選抜メンバー入りを果たした。 
 
 20207月から同グループのイメージキャラクターを務めている掛橋。自身初CM出演となった1本目のCMではボクシングに、2本目のCMではギターの弾き語りに挑戦した。CM3本目となった今回は、 “ジブンに挑戦する人をテーマにしながらも、「ときどき、立ち止まってもいい」という寄り添うメッセージを込め、ふるさとは立ち止まった時の心の拠り所であることを表現。掛橋の地元である岡山県の路面電車を舞台に、懐かしい景色に癒されながら歌を口ずさむ掛橋の姿が印象的なCMに仕上がっている。 
 
 CMの見どころについて掛橋は、「今回のCMは私の地元の岡山の路面電車で撮影しているので、岡山の綺麗な街並みを皆さんに見ていただけたらと思います」とコメント。CM内で披露した歌については「前回とは違ったアレンジなので、また違ったこの楽曲の魅力を路面電車から見える素敵な風景と一緒に楽しんでいただけると思います」とアピールした。 
 
 また、CMの舞台となった路面電車の思い出は「よく乗っていたんですけれど、特に印象に残っているのは、友達と後楽園にお花見に行くときに乗っていたので、それがすごく印象的です」と紹介。さらに、岡山県に癒されたエピソードについては「真庭というところに足(たる)温泉という温泉があって、それが冬になると雪景色を堪能しながらお風呂に入ることができるので(岡山に)帰った時に入って癒されます」と振り返った。 
 
 7日より、 SUENAGAグループの公式YouTubeチャンネルにて、CM本編と撮影時のメイキング映像が公開される。 
 
SUENAGAグループ公式YouTubeチャンネル 
https://www.youtube.com/channel/UCnkXFkDv4C2wIqdU8LKP4Ig 

関連記事(外部サイト)