『ネプリーグ』のクイズが炎上?「日本のビートルズと言えば」正解も物議

『ネプリーグ』で「日本のバンド・グループでビートルズと言えば誰?」と出題し物議

記事まとめ

  • 7月11日放送の『ネプリーグ』(フジテレビ系)で世の中のTOP5を答えるクイズが炎上
  • 「日本のバンド・グループでビートルズと言えば誰?」という出題で、怒りの声が続々
  • 解答者はサザンオールスターズ、Mr.Children、スピッツ、ずうとるびらの名前を挙げた

『ネプリーグ』のクイズが炎上?「日本のビートルズと言えば」正解も物議

『ネプリーグ』のクイズが炎上?「日本のビートルズと言えば」正解も物議

松本幸四郎

7月11日放送の『ネプリーグ』(フジテレビ系)で出題されたあるクイズが、ネット上で炎上している。

 問題となっているのは、出演者が挑んだ「音楽に関する世の中のTOP5を答えろ」というジャンルの中から出題された「日本のバンド・グループでビートルズと言えば誰?」というクイズ。番組では10代〜40代の男女300人対象に調査し、作成したクイズだということが紹介された。

 解答者6人中、3人が「サザンオールスターズ」と解答。他にはMr.Children、スピッツの名前が上がり、出演していた歌舞伎俳優の松本幸四郎だけが、唯一「ずうとるび」と1970年代に活躍したグループの名前を上げていた。

 正解は「1位Mr.Children、2位スピッツ、3位サザンオールスターズ、4位Official髭男dism、5位X JAPAN、6位TOKIO、7位DiSH//、8位GLAY、9位THE ALFEE、10位BOØWY」という結果に。松本以外は全員ポイントを獲得していた。

 しかし、この答えにネット上からは「何を以ってビートルズとするのか」「ただの人気バンド投票じゃん」「ビートルズにも答えで出てるバンドにも失礼」「単に有名だから選んでるとしか思えない」「ビートルズ要素が皆無」という怒りの声が集まる事態に。ツイッターでは一時「ビートルズ」がトレンド入りしていた。

 あくまでアンケートの集計結果が答えとなっていたが、明確な基準もないため、単なる有名バンドランキングだと感じた視聴者も多かったようだ。

関連記事(外部サイト)