突然のジャニーズ解雇に、現行犯逮捕…波乱万丈な男闘呼組メンバー、再結成の経緯は

男闘呼組『音楽の日2022』での復活反響 ジャニーズとエージェント契約は岡本健一のみ

記事まとめ

  • 男闘呼組が、TBS系の音楽特番『音楽の日2022』で活動休止以来、29年ぶりに復活した
  • Twitterのトレンドワードで男闘呼組が1位を獲得するなど、大反響となった
  • 岡本健一のみジャニーズとエージェント契約を結び前田耕陽、高橋和也、成田昭次は退所

突然のジャニーズ解雇に、現行犯逮捕…波乱万丈な男闘呼組メンバー、再結成の経緯は

突然のジャニーズ解雇に、現行犯逮捕…波乱万丈な男闘呼組メンバー、再結成の経緯は

画像はイメージです

4人組ロックバンド・男闘呼組が、7月16日に放送されたTBS系の音楽特番「音楽の日2022」で1993年の活動休止以来、29年ぶりに復活した。

 突如、前日15日にネット上で、番組への出演を発表。番組内では「デビュー35周年の来年8月まで期間限定で活動。今年10月にはライブを開催」と発表。

 往年のヒット曲「TIME ZONE」や「DAYBREAK」を披露すると、ツイッターのトレンドワードで「男闘呼組」が1位を獲得するなど大きな反響を呼び、サプライズは大成功となった。

 もともと、メンバー4人はジャニーズ事務所に所属していたが、現在は岡本健一のみがジャニーズとエージェント契約を結び、残る前田耕陽、高橋和也、成田昭次はジャニーズを退所している。

 「高橋が突如ジャニーズから解雇されたことがきっかけで1993年に活動休止に追い込まれた。芸名を本名の高橋一也から高橋和也に改めて芸能活動を再開。着実に俳優としてのキャリアを積んだ。前田は関西ローカルのタレントとして活躍し、岡本は舞台公演を中心に活動していたが2009年9月、3人にとって衝撃的な事件が大々的に報じられた」(情報番組スタッフ)

 成田は自宅で乾燥大麻を所持していたとして大麻取締法違反で現行犯逮捕・起訴され、同年12月、東京地裁にて懲役6月、執行猶予3年(求刑懲役6月)が言い渡された。

 それ以降、長らく消息不明の状態が続いていたが、2019年9月4日、東京ドームで行われたジャニー喜多川さんのお別れの会に参列し、成田の近影が元少年忍者の正木慎也によってツイッターに投稿され話題となった。

 気になる事件後の成田だが、発売中の「女性セブン」(小学館)によると、事件での保釈後、成田は「陶芸家になる」と言い残して消息を絶ったという。

 その後、バツイチだった成田は再婚し、地元名古屋でサラリーマン生活を送っていたが、音楽活動の夢を捨てきれず。その思いを伝え聞いたのが高橋と前田で、2人は名古屋に飛んで成田を探し出し近い将来の再結成を誓い合い、2020年の秋、成田は音楽活動を再開。

 そして、成田は昨年、不退転の決意で会社を辞め、家族とともに上京。しかし、音楽活動が軌道に乗らず、生活に不安を抱えていた。そこで知人が開いた有名人たちも通うとんかつ店で働き始め、今回の男闘呼組の復活に至ったという。 

 苦境からはい上がった成田だけに、メンバーたちの口から、じっくり復活に至るまでの秘話を語ってほしいものだ。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?