『月曜から夜ふかし』紹介の“危険すぎる日本酒”が物議「やる意味あったの」ほとんどを無駄にし苦言も

『月曜から夜ふかし』で日本酒を無駄にし「もったいない」と批判 ネタ切れ指摘も

記事まとめ

  • 25日放送の日本テレビ系『月曜から夜ふかし』で「危険すぎる日本酒」を紹介
  • 振ると炭酸ガスで噴き出してしまう「都美人」を揺らし、酒は4メートルの高さまで噴出
  • 『探偵!ナイトスクープ』で既にネタにされていたため「やる意味あったの」と指摘も

『月曜から夜ふかし』紹介の“危険すぎる日本酒”が物議「やる意味あったの」ほとんどを無駄にし苦言も

『月曜から夜ふかし』紹介の“危険すぎる日本酒”が物議「やる意味あったの」ほとんどを無駄にし苦言も

マツコ・デラックス

7月25日放送の日本テレビ系『月曜から夜ふかし』の企画を、視聴者が「もったいない」と批判している。

 人気コーナー「○○すぎる○○を調査した件」で、「危険すぎる日本酒」というネタを扱った。
 「危険すぎる日本酒」とは淡路島で作られた「都美人」。瓶の中で酵母が生きており、強く振ると炭酸ガスが発生してフタを開ける際に噴き出してしまうのだという。

 そのため瓶には「爆発注意」と注意を促す札がくくりつけてある。番組スタッフは、その爆発力を実際に確かめた。

 もっとも、ただ暴発させただけでは面白くないということで、体重95キロの男性ディレクターに足つぼマッサージのマットの上を歩かせながら瓶を持たせた。

 もくろみ通り、男性ディレクターの持っていた瓶は揺れに揺れた。マットを抜け出してから開封したが、酒が4メートルの高さまで噴き出してしまい、瓶の中には720ミリリットル中、100ミリリットルしか残らなかった。

 実験は大成功となったが、ネットでは噴き出ると分かっていたお酒が無駄になったことについて「酒がもったいない」「どうすんのこれ」「ほとんどなくなっている」「お酒の無駄だろ」といった声が相次いだ。

 今回は野外で検証しており、地面に落ちた酒を回収するのは不可能。また「都美人」は2020年12月に『探偵!ナイトスクープ』(ABCテレビ)で既にネタにされていた。関西圏の視聴者には強烈なインパクトが残っていたようで、「これナイトスクープでやってたヤツだ」「結果はナイトスクープでわかってるのに」「これやる意味あったの」「ネタ切れでは?」といった声が相次いでいた。

 ネタ被りでも『月曜から夜ふかし』ならではの工夫をしつつ、飲み物に配慮できていればクレームには至らなかったのかもしれない。だが、残念ながらこのネタに関しては『ナイトスクープ』以上のインパクトは残せなかったようだ。

関連記事(外部サイト)