『Mステ』事件でも有名なお騒がせデュオ・t.A.T.u.、TikTokでバズったワケ

『Mステ』事件で有名なロシアの女性デュオ、t.A.T.u.の曲がTikTokでバズった理由

記事まとめ

  • ロシアの女性2人組t.A.T.u.の2002年の曲が日本だけでTikTokの再生回数4億回を記録した
  • 同曲の早回し音源が昨年5月ごろに世界的に流行し、日本では現在進行形で都市伝説化中
  • 同ユニットは2003年に「ミュージックステーション」で演奏せず行方をくらました

『Mステ』事件でも有名なお騒がせデュオ・t.A.T.u.、TikTokでバズったワケ

『Mステ』事件でも有名なお騒がせデュオ・t.A.T.u.、TikTokでバズったワケ

画像はイメージです

ロシアの女性2人組デュオ、t.A.T.u.が2002年に発表し、日本でもヒットした楽曲「All the Things She Said」が、7月1日から19日までに日本だけでTikTokの再生回数が4億回を記録したと、一部メディアが報じた。

 TikTokで使用されているのは同曲の早回し音源で、昨年5月ごろに世界的に流行。日本では今年7月1日から急激な上昇を見せ、約20日間で4億回の再生を記録し、この音源を使用した動画は48万本を記録したという。

 同曲は、02年9月に発売されると世界中で大きな話題となり、全英チャート1位を記録。イタリア、ドイツ、オーストリア、オーストラリア、スペイン、ポルトガルなどヨーロッパを中心に1位となるなど、世界中でもヒットした。

 「日本でヒットした要因は、早回しさせたものを使用すると『恋がかなう』と現在進行形で都市伝説化中。おかげでいきなりバズることになったが、勝手な早回し音源作成や使用は、著作権者がOKしていない限り著作権の侵害の可能性も。とはいえ、レコード会社からすれば、埋もれていた音源が掘り返されて話題になったのはうれしいニュースだったのでは」(音楽業界関係者)

 同ユニットは1998年にリェーナ・カーチナとユーリャ・ボルコワによって結成。

 同曲がヒットし始めると、当時のプロデューサーの指示によって、話題作りのために、各地で不条理なドタキャンを連発。

 来日すると、案の定、2003年6月27日、テレビ朝日系の「ミュージックステーション」で、冒頭には出演したものの、その後行方をくらまし、直後に所属レコード会社がテレ朝に謝罪する事態に。同年12月に再来日し、東京ドームでのコンサートを2日間実施したが、騒動の影響もあって会場では閑古鳥が鳴いてしまった。

 13年にはチョコバー「スニッカーズ」の新CMへの起用を機に7年ぶりの来日を果たしたが、翌年、解散。

 元メンバー2人は、〝黒歴史〟を作った日本での楽曲の再ブレークを喜んでいるかもしれない。

関連記事(外部サイト)

  • 1

    懐かしいな。 二人とも十分にオバサンだろうけど。

すべてのコメントを読む