ガーシー議員が暴露本で明かした新事実 大物MCのとんでもない裏の顔も?

東谷義和氏が綾野剛と電話をしたと生配信で明かす 和解寸前まで行くも決裂

記事まとめ

  • 東谷義和氏がYouTubeチャンネルが復活したことを報告し、生配信を行った
  • その中で、東谷義和氏は綾野剛と電話で話して和解寸前まで行ったと明かした
  • しかし、綾野剛の所属事務所社長の態度が煮え切らなかったため決裂したという

ガーシー議員が暴露本で明かした新事実 大物MCのとんでもない裏の顔も?

ガーシー議員が暴露本で明かした新事実 大物MCのとんでもない裏の顔も?

東谷義和氏(ガーシー)

暴露系ユーチューバーでNHK党の参議院議員であるガーシーこと東谷義和氏の暴露本「死なばもろとも」(幻冬舎)が7月29日に発売されたことを記念して、同31日に東谷氏が同書の編集者である幻冬舎・箕輪厚介氏のユーチューブチャンネルに登場して生配信を行った。

 東谷氏は、すでに自身のユーチューブの本チャンネルのアカウントをBANされてしまっているだけに、過激な発言で箕輪氏のアカウントがBANされないように発言するも、思わず、暴露ターゲットや関係人物の実名がバンバン飛び出した。

 配信終了間際には、東谷氏は自身のユーチューブアカウントが復活したことを報告。その後、復活したアカウントで生配信を行い、そのアカウントがBANされる可能性が低いことを明かしたものの、生配信終了から数時間後にはBANされてしまった。

 「東谷氏はある裏技≠使ったようで、登録者はたちまち3万人を突破したが再びBANされた。生配信で明かしたところによると、綾野剛と電話で話して和解寸前まで行くも、綾野の所属事務所社長の態度が煮え切らなかったため決裂。新田真剣佑、城田優とともに今後、綾野のスキャンダルを暴露することも宣言。また、楽天グループ・創業者の三木谷浩史氏やその周辺のスキャンダルも引き続き暴露することも明かした。ネットユーザーから入手した1700以上のアカウントがあり、配信後でなければユーチューブ側もBANできないので、出してはBANされるイタチごっこ≠ナ暴露が続きそう」(芸能記者)

 箕輪氏の発言やネット上の反響によると、暴露本はかなりの売れ行きだというが、気になるのがその中身。

 新たな暴露としては、すでに東谷氏は海外に滞在後、3億円の懸賞金をかけられヒットマンを送られたことを明かしているが、そのフィリピン人に母国で3億円以上稼げるビジネス情報を裏社会の人間を通じて提供し、退散させたのだとか。

 また、これまで名前を出したあるタレントが、取り巻きたちを使って借金のある女性を大勢AVに斡旋。自分は手を汚さないくせに、バックマージンをせしめていたことを暴露している。

 そのタレントは民放キー局のテレビ番組でMCを務めているだけに、そのうち大問題になるかもしれない。

関連記事(外部サイト)