今年の紅白の目玉に浮上した話題の大物ユニット 今年の主役はサザンか

今年の「紅白歌合戦」主役はサザンオールスターズ? 桑田佳祐は精力的にソロ活動

記事まとめ

  • サザン44周年記念日に、桑田佳祐がソロ活動35年周年イヤー特設HPを立ち上げた
  • 緊急配信リリースされた楽曲には佐野元春、世良公則、Char、野口五郎が参加
  • 音楽業界関係者によると、今年の「紅白」の主役は桑田、サザンになるとか

今年の紅白の目玉に浮上した話題の大物ユニット 今年の主役はサザンか

今年の紅白の目玉に浮上した話題の大物ユニット 今年の主役はサザンか

桑田佳祐

1978年にデビューしたサザンオールスターズが44周年記念日を迎えた6月25日午前0時、桑田佳祐がソロ活動35年周年イヤー特設サイト「SKGs(Sustainable Kuwata Keisuke’s Goals)〜ソロ活動35年!!“音楽人”桑田佳祐の持続可能な目標〜」を立ち上げた。

 同サイトは、国連加盟国193カ国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」(通称“SDGs”)をもじって命名。今年でソロ活動としても35年を迎える桑田の「音楽人」としての、持続可能な目標をサイト内で5つ打ち立てた。

 そのうち、「力の限りエンターテインメントを」として宣言したのが、8月13日に千葉市蘇我スポーツ公園で行われる音楽フェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022」への出演で、ソロとしては5年ぶりの出演となる。

 さらに、今年は例年にないほどソロ活動を精力的にこなし、5月には、桑田が作詞作曲し、豪華メンバーが顔をそろえた楽曲「時代遅れのRock’n’Roll Band」を緊急配信リリース。

 楽曲への参加メンバーは桑田、佐野元春、世良公則、Char、野口五郎という1955年、56年生まれの日本の音楽業界の同級生5人で、名義は「桑田佳祐 feat. 佐野元春, 世良公則, Char, 野口五郎」。4月末に桑田自ら、4人それぞれに手紙を書いて会いに行き、制作期間は、桑田が手紙を送ってからたった1カ月。ストレートな歌詞と力強いボーカルが圧巻の愛と希望のロックンロール・ソングが生まれた。

 とはいえ、この豪華なユニットの活動はこれだけにはとどまりそうにないという。
 「おそらく、今年の紅白の主役は桑田で、サザン、そしてソロでたっぷりと時間を取ることになるだろう。となると、豪華ユニットのメンバーたちも駆けつけ桑田のステージを盛り上げるはず。今のところ、紅白の目玉企画に浮上している」(音楽業界関係者)

 紅白は桑田効果≠ナ視聴率を伸ばしそうだ。

関連記事(外部サイト)