主演映画が不入りのスタートだった嵐・二宮 深刻なファン離れ?

主演映画が不入りのスタートだった嵐・二宮 深刻なファン離れ?

画像はイメージです

8月13日〜14日の「国内映画ランキング」(興行通信社提供)が発表され、嵐の二宮和也主演の「TANG タング」は初登場6位だった。

 ゲーム三昧で妻に家を追い出されたダメ男・健(二宮)が、記憶をなくした迷子のロボット・タングと出会い、止まっていた人生が輝き出す物語。満島ひかり、市川実日子、小手伸也ら演技派が脇を固めたのだが……。

 「二宮はこれまでにないほど番宣に励み、ヒット作となることをめざしていたが、ランキング上位の作品は『ONE PIECE FILM RED』、『キングダム2 遥かなる大地へ』など公開中の人気作ばかりで、牙城を崩すには至らなかった。おそらく、二宮の主演作は2、3週でトップ10圏外に転落するだろうし、ヒット作の基準となる興行収入10億円突破は難しいのでは。今週のランキングで数字が公表されていない時点で、不入りなのが浮き彫りになっている」(映画業界関係者)

 二宮といえば、19年11月に元女子アナと結婚し昨年妻が第1子を出産。嵐の中では最初に既婚者&パパとなったが、以後、ささやかれるようになったのが深刻なファン離れ。

 今年1月3日には主演のスペシャルドラマ「潜水艦カッペリーニ号の冒険」がフジテレビで放送され、ツイッタージャパンのトレンドランキング1位になったものの、平均世帯視聴率は4.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と振るわず。

 しかし、4月期の主演を務めたTBS系ドラマ「マイファミリー」は放送を重ねる度に話題になり、全10話の平均世帯視聴率は12.9%を記録。復調していたはずの中での主演映画公開となったが、観客は不入りだったようだ。

 今月27日と28日の日本テレビ系チャリティー特番「24時間テレビ」では、二宮がユーチューブチャンネル「ジャにのちゃんねる」のメンバーである後輩のKAT-TUN・中丸雄一、Hey! Say! JUMP・山田涼介、Sexy Zone・菊池風磨と4人でメインパーソナリティーを務める。

 二宮としては、高視聴率をゲットして、映画の不入りの話題をかすめたいはずだ。

関連記事(外部サイト)