仰天発見! SMAPに中居不在のヒットシングルがあった

SMAPの『はだかの王様』中居正広不在でレコーディング MVには参加

記事まとめ

  • 中居正広は、元SMAP(木村拓哉、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾)で初めての五十路に
  • 歌が不得意の中居は口パクを告白、レコーディングに呼ばれなかったこともあったとか
  • プロ野球中継番組のテーマソングだった『はだかの王様』は中居不在でレコーディング

仰天発見! SMAPに中居不在のヒットシングルがあった

仰天発見! SMAPに中居不在のヒットシングルがあった

中居正広

今月18日で中居正広は50歳に。元SMAPのメンバー(木村拓哉、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾)で初めての五十路だ。中居は唯一の社長タレントで、グループ時代から変わらずSNSにノータッチ。仕事の内容もレギュラー番組も、当時から遜色なくキープしている。

 9月1日に、レギュラーから特番に切り替わったTBS系音楽特番「UTAGE!」の3時間SPが放映。メインMCは中居。アシストするのは、Kis-My-Ft2で舞祭組の宮田俊哉。SMAPとキスマイの師弟関係が健在なところを、今回も見せる。

 中居とTBS系歌番組は、96年の「うたばん」から改題を重ねながらも続行。ところが、当の本人は歌が不得意。グループ時代は“ヘタキャラ”にみずから寄せた部分もあったが、「僕は」とあくまでも個人を前提にしたうえで、口パクがあったことを告白。コンサートでは、ファンにマイクを向けているにもかかわらず、スピーカーから自分の歌声が聞こえたことが何度もあったという。

 マイクの電源をオフにされていたことは、しょっちゅう。そもそも、レコーディングに呼ばれなかったこともあった。SMAPが96年5月にリリースした21枚目のシングル「はだかの王様 〜シブトクつよく〜」だ。プロ野球の中継番組「劇空間プロ野球'96」(日本テレビ系)のテーマソングで、曲を聴いた中居が「SMAPっぽいなぁ」と思った。日テレ関係者に確認すると、「SMAPさんによる4月からのテーマソングです」とまさかの返事をされた。

 「そのときの中居さんの感情も、少しヘン。『自分が歌ってないのはいい。レコーディングしてないのもいい。ただ、俺が日テレで何かスポーツでしゃべるんだから、4月からSMAPがやる、それだけは教えろや』と怒ったそうです」(音楽雑誌のフリーライター)

 音痴をキャラにしていると、ついにレコーディングから外された元国民的アイドル。結果、デモテープさえもらえないまま、シングルCDがリリースされた。ミュージックビデオには参加。まだ幼児だった本物のおいとめいが映っているのは、一部ファンしか知らない事実だ。

 シブトクつよく、ジャニーズ事務所の後輩たちが歌い継いでいる「はだかの王様」。価値ある貴重作だ。

(伊藤由華)

関連記事(外部サイト)

  • 1

    中居正広君は機械音痴で未だに2つ折りの携帯電話ですら使いこなせてないと本人が言っているよね? SNSが使えるようになるにはかなりハードルが高いのではないだろうか?

すべてのコメントを読む