明るい要素が見当たらない櫻坂46、菅井は良いタイミングで卒業?

櫻坂46キャプテン菅井友香が卒業発表 櫻坂に明るい要素なく、タイミングは絶妙とも

記事まとめ

  • 櫻坂46のキャプテンを務める菅井友香が「前向きな卒業です!」と報告した
  • 欅坂時代は平手友梨奈がいたので、菅井の苦悩は計り知れないものがあったという
  • 現状で櫻坂には明るい要素がまったく見当たらず、卒業のタイミングは絶妙とも

明るい要素が見当たらない櫻坂46、菅井は良いタイミングで卒業?

明るい要素が見当たらない櫻坂46、菅井は良いタイミングで卒業?

櫻坂46・菅井友香

アイドルグループ・櫻坂46のキャプテンを務める菅井友香が22日、公式ブログでグループからの卒業を発表した。

 菅井は《私 菅井友香は、2022年のツアーファイナルをもって卒業させて頂くことになりました。沢山考えた上での、前向きな卒業です!》と報告。

 7年前の2015年8月に欅坂46(現櫻坂46)の1期生に選ばれたが、《あれから長い夢を見ているかのような波乱万丈なアイドル人生を歩ませて頂いています!》、《思い切って飛び込んだ世界では人生において忘れられない貴重な体験を沢山させて頂きました》とファンに感謝。

 欅坂時代からキャプテンを務めているが、《責任を果たすために時に孤独感や無力感に襲われることも有り、何度も自分が嫌になりました》と苦悩を抱えていたことを明かした。

 卒業を決意するに至った心境を、《1人の人間として今までの経験を大切にしながら、もう一度自分らしく、心に正直に生きたいという思いが芽生えました》と説明した。

 来月からスタートする、全国ツアーのファイナルとなる東京ドーム公演は11月8日・9日に行われるが、具体的な卒業時期について、グループの公式HPでは「決まり次第ご報告させていただきます」としている。

 「欅坂時代は、超問題児の元メンバー・平手友梨奈がいたので、菅井の苦悩は計り知れないものがあったのでは。2020年1月に平手が脱退すると、続々とほかのメンバーが卒業してしまい、グループの存続危機がささやかれたほどだった」(音楽業界関係者)

 櫻坂と同じ「坂道シリーズ」では、乃木坂46は新しいメンバーたちへの代替わりが急速に進み、日向坂46は坂道シリーズで一番人気の地位に上り詰めたのだが……。

 「現状、櫻坂に入りたいというアイドル志望の女性は少ないのでは。現状で櫻坂には明るい要素がまったく見当たらず、菅井の後任のキャプテンはかなり苦労することになりそうだ」(芸能記者)

 菅井は絶妙なタイミングでの卒業発表だったようだ。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?