『鉄腕DASH』の残酷シーンに「かわいそう」「放送して欲しくなかった」と悲鳴 稚魚の調理場面が物議

『鉄腕DASH』の残酷シーンに「かわいそう」と悲鳴 調理場面で稚魚を生きたまま素揚げ

記事まとめ

  • 11日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』で紹介された魚料理が、「残酷」と物議を醸している
  • この日は佐賀県で大繁殖し"淡水界のジョーズ"との異名を持つ「雷魚(ライギョ)」を捕獲
  • 「ライギョの坦々そうめん」の調理場面では、生きたままの状態で素揚げし、悲鳴が殺到

『鉄腕DASH』の残酷シーンに「かわいそう」「放送して欲しくなかった」と悲鳴 稚魚の調理場面が物議

『鉄腕DASH』の残酷シーンに「かわいそう」「放送して欲しくなかった」と悲鳴 稚魚の調理場面が物議

画像はイメージです

9月11日放送の日本テレビ系『ザ!鉄腕!DASH!!』で紹介された魚料理が物議を醸している。

 この日、『鉄腕DASH』では人間にとって危険な魚をおいしく料理する「グリル厄介」を放送。この日は佐賀県で大繁殖し「淡水界のジョーズ」との異名を持つ「雷魚(ライギョ)」を捕獲し調理。雷魚はハンバーガーやシュウマイといった絶品料理へと変身していった。

 物議を醸したのは、最後に提供された「ライギョの坦々そうめん」であった。
 「ライギョの坦々そうめん」は雷魚のすり身を麺状にゆでて坦々麺風の汁とあえたもので、アクセントとして雷魚の稚魚の素揚げが入っていた。

 この稚魚は、TOKIOらDASHチームが雷魚を捕獲した際に一緒に捕まえたもの。雷魚は年間1万匹の稚魚を産み出すことから「早めに捕獲した方が良い」という理由で、網ですくい上げたものだった。

 料理人は「(大人の雷魚と違い)稚魚は臭みが少ない」ということで、素揚げしてDASHチームに提供していたのだが、その調理工程は稚魚を少しだけ水洗いし、生きたままの状態で油で揚げるという大胆なもの。調理の模様はほぼノーカットで放送された。

 稚魚が生きたまま素揚げにされる映像は、視聴者にとっては衝撃的だったようだった。ネットでは「かわいそう」「残酷映像だった」「生きたまま揚げるなんて」「これは放送して欲しくなかった」といった声が多く挙がっていた。

 雷魚に限らず「稚魚の素揚げ」は立派な料理ではある。だがつい先ほどまでピチピチと跳ねていた稚魚が油に放り込まれる映像は非常にショッキングなもの。TOKIOの松岡昌宏らは稚魚のことを「ベイビー」と表現して視聴者への影響を和らげようとしたが、ネットでは「かわいそう」という声が相次ぐ結果となってしまった。

関連記事(外部サイト)

  • 7

    ジャニーズ事務所。 話題作りに必死。

  • 6

    TOKIO以外のジャニタレが出だしてから本当に面白く無くなった。

  • 5

    映像を見て可哀想と思う視聴者は菜食主義者? くだらない記事。

すべてのコメントを読む