重盛さと美に「謝らないのが信じられない」の声 大幅遅刻も謝罪ゼロ、開き直り態度が物議

重盛さと美、大幅遅刻も謝罪ゼロの開き直り態度が物議 『先にできたら勝ち』で検証

記事まとめ

  • 14日の『先にできたら勝ち』で、「絶対に遅刻する人 遅刻させなかったら勝ち」を放送
  • この企画に、"超遅刻魔"として知られるフワちゃん、蛙亭・イワクラ、重盛さと美が出演
  • イワクラが31分、フワちゃんが36分、重盛は41分遅刻、謝罪のない重盛に批判の声が殺到

重盛さと美に「謝らないのが信じられない」の声 大幅遅刻も謝罪ゼロ、開き直り態度が物議

重盛さと美に「謝らないのが信じられない」の声 大幅遅刻も謝罪ゼロ、開き直り態度が物議

重盛さと美

重盛さと美が、14日放送のスペシャル番組『先にできたら勝ち』(テレビ朝日系)に出演したのだが、その時の横柄な態度にネットから疑問の声が上がっている。

 同番組で行われたのが、「絶対に遅刻する人 遅刻させなかったら勝ち」という検証企画。芸能界を代表する“超遅刻魔”として知られるフワちゃん、蛙亭・イワクラ、重盛さと美といった3人に対し、それぞれどんな方法を使えば時間通りに来させる事ができるか挑戦してもらうことに。

 彼らを呼び出すチャレンジャーは、フワちゃんであればYouTubeチャンネルを制作している構成作家、イワクラは相方の中野周平、そして重盛は同じ事務所に所属している後輩タレント・磯部希帆。

 磯部は重盛について「事務所歴代トップの遅刻魔なんです」と訴えながら、『王様のブランチ』(TBS系)のリポーターオーディションにかつて2時間遅刻したことを暴露。すると翌年、事務所がオーディションに呼ばれなくなってしまったという事実も判明した。

 そんな遅刻魔の重盛を呼び出すべく、磯部は「明日の打ち合わせは13時54分ね!ミュージックビデオのこと話そう!」とあえて中途半端な時間を設定。これは心理学的にも効果があるのだという。
 
 だが、今回のターゲットである3人は、5分前に来ないどころか待ち合わせ時間に全く来ず、全員「遅刻」が確定。結果的にはイワクラが31分、フワちゃんが36分という大遅刻の中、最も遅く来たのが重盛。なんとダントツの41分も遅刻していたのだ。
 
 ところが、待ち合わせ場所の飲食店に到着しても、悪びれることもないばかりか、来ても「ごめんなさい」の一言もない重盛。磯部が「変な時間に呼び出したら来てくれるんじゃないかって…」と言うと、重盛は目の前のサラダをほおばりながら、「ああーそれ効果ある!」と適当に返していた。

 スタジオで検証ロケVTRを見ていたくりぃむしちゅー上田晋也は「いやあ、ひどいね」、EXIT・りんたろー。は「ナメてるな」と呆れ顔。

 ネットでは「3人全員干されろ」「遅刻当然の態度みて吐き気した。不快の塊」「今回の遅刻検証の3人が嫌いになった」など3人への批判の声が多く寄せられた。

 とりわけ、重盛には「一番悪質ぽいのは重盛かな」「何で遅れてんのにこんな感じなの」「まず謝らないのが信じられない」「遅刻して謝らない神経がマジで理解できない」「こんなクズ縁切れよ」といったクレームが寄せられていた。

関連記事(外部サイト)

  • 6

    みんな、バラエティー番組の内容を鵜呑みにし過ぎじゃない? バラエティーの目的は事実を伝える事じゃないよ。 「えっ!?」と思わせて、楽しませることなんだから。

  • 5

    物忘れをする原因として考えられることの一つは発達障害だよ。時間を聞いてもすぐに忘れるし大事な物でもすぐ置き忘れるよ。だから悪びれずに謝ったりしないんだよ。障害者だから大目に見てやれよ。

  • 4

    重盛さと美なんかいてもいなくても視聴率には影響ないんだから切れよっ

すべてのコメントを読む