『ちむどんどん』、ヒロイン出産シーンに「出産バカにしてるのか」女性視聴者猛クレーム

朝ドラ『ちむどんどん』、黒島結菜演じるヒロインの出産シーンに女性視聴者猛クレーム

記事まとめ

  • 黒島結菜がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『ちむどんどん』の第115回が放送された
  • 暢子(黒島)の出産シーンでは、初産にも関わらず、大量の破水にパニックにならず
  • コメディっぽく描かれたこともあり、ネットでは「出産バカにしてるのか」と批判の声

『ちむどんどん』、ヒロイン出産シーンに「出産バカにしてるのか」女性視聴者猛クレーム

『ちむどんどん』、ヒロイン出産シーンに「出産バカにしてるのか」女性視聴者猛クレーム

黒島結菜

NHK連続テレビ小説ちむどんどん』の第115回が16日に放送された。

 第115回は、出産予定日が近づいた暢子(黒島結菜)は医師と相談して入院することに。お店を手伝うため、母・優子(仲間由紀恵)や姉・良子(川口春奈)が上京してきたある日、賢秀(竜星涼)が清恵(佐津川愛美)を連れてやってきて――というストーリーが描かれた。

※以下、ネタバレあり。

 第115回は、家族の前に清恵を連れてやってきた賢秀が、その場でプロポーズ。見事成功し、一安心した暢子は「みんなで何か食べよう」と入院に備えて作っていた「にんじんしりしりー」入りのお弁当を出して、清恵をもてなそうとする。

 しかし、そのお弁当を取りに厨房に入った直後、暢子は破水。全員が下を見て驚くほどの量の破水をしたと思われるが、暢子は「にんじんしりしりー、それだけ清恵さんに」と発言。暢子以外の全員は大慌てで病院に連れて行き、そのまま無事出産したという展開となった。

 一見全員が幸せな展開となった第115回だが、女性視聴者を中心に、破水シーンに批判が集まっている。

 「陣痛がまだ来ていないタイミングの前期破水は予期していないもので、しかも暢子は初産。にも関わらず、さほどパニックになることなく冷静に、清恵ににんじんしりしりーを渡そうとする様子がコメディっぽく描かれていました。しかし、一瞬で床にまで流れるほどの大量の破水で、パニックにならない妊婦はあまりにも非現実的。ネット上からは『出産バカにしてるのか』『仮にも母子にリスクがある前期破水をコメディにするのは命への敬意が欠けてる』『命に関わる描写でこれはない』『ナレ出産でよかったわ』という怒りの声が集まっていました」(ドラマライター)

 つわりもなく、妊娠中のマイナートラブルも描かれず、ただ大きいお腹で自身のお店の立て直しをしていただけの暢子の妊娠生活。最初から最後まで、全くリアリティはなかったようだ。

関連記事(外部サイト)

  • 9

    劇中で「ちむどんどんしてきたー」ってセリフはもうやめた方がいいレベルだね。 心証がすこぶる悪くなっていくのを感じる。

  • 8

    7 そういうあなたは受信料を払ってるのか?俺は払ってるぞ! あなたが払ってないのなら偉そうな口を叩くんじゃない!

  • 7

    正しい認識のない、図に乗った面白ろおかしさ狙いは公共放送に不要。 国営でも民営でもない中立に徹する公共放送は必要。 見ない視聴者からも受信料を徴収しているのだから ドラマであろうが、バラエティーであろうが、もちろんニュースであろうが 「公共放送をやっている」じゃなく、公共放送に徹するべき。 受信料を払いたくないと思う視聴者がいるのは当然。 まずは民放の番組制作会社は排除すべき。 やりたきゃ、ドラマやバラエティー、歌番組やスポーツは独立チャンネルにして そこは見たい人だけ見せればいい。

すべてのコメントを読む