わいせつ騒動後の長井秀和、英語講師の時期も? 旧統一教会関連のSNS投稿が多いワケとは

わいせつ騒動後の長井秀和氏、西東京市議選に出馬予定 旧統一教会関連のSNS投稿も

記事まとめ

  • 「間違いない!」の決め台詞で人気を集めた長井秀和氏は最近テレビで見かけなくなった
  • テレビから消えた理由は人気低迷期に報道されたわいせつ行為疑惑の影響も大きいという
  • 長井氏は西東京市議選に出馬予定で、Twitterで旧統一教会と政治家との繋がりを指摘も

わいせつ騒動後の長井秀和、英語講師の時期も? 旧統一教会関連のSNS投稿が多いワケとは

わいせつ騒動後の長井秀和、英語講師の時期も? 旧統一教会関連のSNS投稿が多いワケとは

長井秀和

「間違いない!」の決め台詞で一躍、人気を集めた長井秀和。2000年代前半は「間違いない!」のネタでネタ番組を含めた多くのバラエティに出演していたが、少しずつ世間からは飽きられ、最近はすっかり見かけなくなった。長井は今、何をしているのだろうか。

 「長井さんがテレビから消えた理由は人気が低迷したこともありますが、人気低迷期に報道されたわいせつ行為疑惑の影響も大きいでしょう。2007年、長井さんは滞在先のフィリピンで17歳の少女にわいせつな行為をしたとして、現地の警察を名乗る人物らに身柄を拘束されています。長井さんは相手が指定した日本の信用金庫に約1100万円を振り込み解放されたそうですが、振込先が日本の金融機関であったことなどから、実は警察は偽物で、はめられた可能性も高いそう。実際、長井さんが所属する事務所の社長・太田光代さんも当時、長井さんをかばうコメントをしています。ですが、この事件の影響は大きく、長井さんのイメージはガタ落ち。以降、テレビでは使いにくい立場に追い込まれました」(芸能記者)

 

 わいせつ報道以降、テレビ出演は減ったがどのようにして稼いでいたのか。
 「ニューヨークに単身留学していた経験があり、英検準1級も持っている長井さん。英語が得意で、テレビに出られなくなってからは、英語講師を務めて生活をしていたそうです。企業向けの講師をしていたのですが、じわじわと講師としての実力が認められ、週6で一般企業に英語を教えに行っていたこともありました。また、クレーン車種の免許を持っていて、クレーン会社で警備員として働いていた時期もあります」(前出・同)

 そんな長井、現在は議員選挙に向けた活動を展開中だ。
 「長井さんは自身のTwitterで、宗教関連についての投稿をすることが多く、旧統一教会関連団体と政治家との繋がりを指摘する投稿や、旧統一教会関連団体の問題点について指摘する投稿を連日しています。実は長井さん、今年12月に行われる西東京市議会議員選挙に立候補予定で、選挙に向けて政治や宗教関連の投稿を多くしているという面もありそうです。ちなみに選挙を見据え、定期的に街頭演説もしていますよ。宗教に関することを演説で語ることも多いです」(前出・同)

 現在は焼肉店も営んでいる長井。テレビで見かけなくとも多岐にわたって活動しているようだ。

関連記事(外部サイト)

  • 1

    旧統一教関連! 間違いない! (^_^)v

すべてのコメントを読む