LiLiCo、シャンパン200本飲み干す酒豪生活明かす 夫・小田井涼平とも「純烈を卒業したらもっと一緒に飲んでみたい」

LiLiCo、シャンパン200本飲み干す酒豪生活明かす 夫・小田井涼平とも「純烈を卒業したらもっと一緒に飲んでみたい」

LiLiCo

映画コメンテーターでタレントのLiLiCoが29日、都内で行われたシャンパーニュ「テルモン」新商品プレスイベントに出席した。

 LiLiCoはこの日、同ブランドのCEOであるルドヴィック氏と共に壇上に上がり、シャンパンについてトークを行った。同ブランドは“量よりも質”という観念を軸にサステナブルな栽培法を取り入れて注目を集めるシャンパーニュブランドで、新商品「テルモン サン・スフル」と「テルモン ブラン・ド・ノワール」を10月3日より数量限定で発売する。イベント後は関係者を集め、会場で高級料理とともにシャンパンを楽しむパーティも行われた。

 LiLiCoは「シャンパンは年間200本飲んでいます」と話すほどのお酒好きだと言い、「いい日には自分へのご褒美として、少し寂しいことがあった時も自分を元気づける存在。素晴らしいものです」とシャンパンの魅力を熱弁する。また、「わたしが行く隠れ家的なレストランでも、乾杯は必ずテルモン。今、おかげさまですごく忙しくさせていただいていて、たまに歌があったりするとお酒は飲めないけど、そうでない時は、こないだもそうだったんですが、テルモンを知り合いと2本飲んだりするんです。あっという間になくなります」と話す。

 夫で純烈の小田井涼平との夫婦生活のエピソードもトークの随所で顔を出し、「主人とディナーをする機会は(互いに仕事が忙しいので)一年で5、6回くらい。純烈を卒業したらもっと一緒に飲んでみたいです」と紹介し、「いつも美味しく飲めるのがテルモンの素晴らしいところ。映画の中のシーンでも、何かいいことがあるとシャンパンで乾杯するシーンが出てくる。主人ともいいことがあればシャンパンでお祝いしたいです」と話す。

 テルモンはレオナルド・ディカプリオが出資していることでも知られる。LiLiCoは「ディカプリオさんが今後、色んな映画を撮る中でテルモンを飲んでくれるようになると嬉しい」と述べ、「飲みながらこれを観るといいという映画はありますか」と問われると、映画コメンテーターらしく、ヴァルディミール・ヨハンソン監督のホラー映画『LAMB/ラム』を推薦する。「素晴らしすぎて。でも、多分一回見ただけではわかりにくい映画だと思うんです。でも、わたしの視点、観かたで観ると全てが腑に落ちると思います。飲みながらこの映画について話したいです」と絶賛していた。

(取材・文:名鹿祥史)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?