少年隊・錦織が一部のファンに恐怖を感じた理由

少年隊・錦織一清がファンに恐怖 アイドル時代の過激なファンが『実力行使』か

記事まとめ

  • 少年隊・錦織一清がTwitterを更新し、「今迄警察沙汰で大変でした」と明かした
  • 公式サイトでは一部ファンによるプライバシーを著しく侵害する行為が指摘されている
  • 錦織一清のアイドル時代の過激な追っ掛けファンが『実力行使』に出たと推測されている

少年隊・錦織が一部のファンに恐怖を感じた理由

少年隊・錦織が一部のファンに恐怖を感じた理由

錦織一清公式ツイッターより https://twitter.com/uncle_cinnamon

少年隊のメンバーで演出家の錦織一清が、28日午前4時過ぎに自身のツイッターで、《いや~今迄警察沙汰で大変でした。マネジャーが居ない僕。いつか刺されるかも…》とトラブルに巻き込まれたことを明かした。

 同日、錦織の公式サイトでは《最近、一部ファンの方による錦織一清及び関係者へのプライベートエリアでの追跡行為や常識を逸脱した出待ち行為、移動車両に乗り込もうとしてくる等プライバシーを著しく侵害する行為がいくつか確認されており、警察に通報・相談をする事態となっております》と事情を説明。

 また、錦織はSNSツール・Faniconでファンと交流しているというが、同ツールのトークDMにおいても、《1日に何十回もメッセージを送る、会ってほしい、近くにいる等の文言やユーザー自身の個人情報を送る等の度を過ぎたものも見受けられます》とした。

 そのうえで、《このような状況が続きますと公演時の『入り・出待ち行為』の禁止やFanicon内トークDM機能の封鎖等も検討せざるを得ません》とした。

 その後、《セキュリティー上の理由からTwitterアカウントを閉鎖させていただきます》とアカウント閉鎖を発表する事態に発展してしまったのだ。
 それにしても、なぜ一部のファンが錦織をここまで恐怖のどん底に叩き落としてしまうことになったのだろうか。

 「もともとジャニーズ事務所に所属していて、トップアイドルの時代もあった錦織。もともと追っ掛け行為が激しいことで知られているジャニーズのファン達だが、今はあまりやり過ぎるとコンサートに出入り禁止になったりするので、ある程度節度を持っている。ところが、錦織のアイドル時代は『何でもあり』と言えるほどの過激な追っ掛けファンもいた。そのファン達も年齢を重ねているはずだが、当時の熱狂から冷めないままで錦織に対して〝実力行使〟に出てしまったのだろう」(ベテラン芸能記者)

 とはいえ、警察沙汰になった内容が気になるところだ。

関連記事(外部サイト)

  • 1

    誰ですか?このお年寄り?

すべてのコメントを読む