YouTuber「ブスが嫌になる」エピソードに「男性店員に接客で差つけられたことある」共感の声集まる

YouTuber「ブスが嫌になる」エピソードに「男性店員に接客で差つけられたことある」共感の声集まる

まあたそ公式ユーチューブチャンネルより https://www.youtube.com/channel/UC2656chrY5MdTQO2_II7yRg/featured

「岡山が生んだ奇跡の不細工」を自称しているユーチューバーのまあたそが、顔の美醜についての悩みを明かし、ファンから共感の声を集めている。

 まあたそは3日に「人は見た目が100%の世の中で生きる不細工が経験した話」という動画を公開。現在、悩みがちな時期にあると言い、「うちが最近抱えたのが不細工問題なんだけど」と告白。ブラウザで「不細工」と調べると、自身の写真がトップに表示されると言い、「世の中の不細工をうちが背負っとる」と嘆いた。

 また、まあたそは「本当に不細工って辛い」と言い、普段は顔に悩みを抱えている人に向けてポジティブな発信をしているというものの、「マジでブスが嫌になる時ってある」とのこと。

 さらに「よくある話」として、可愛い友人の女の子と二人で歩いている時に男性から声を掛けられた際、「ウチの存在が見えてないタイプの話しかけ方をしてくる男の子がいる」という出来事を告白。また、男性がいなくなった際、友人と二人きりになった瞬間の「あの空間がほんまに無理で」と言い、気まずい思いをしなければいけないことに対し、嫌気が差している様子だった。

 ほかにも、まあたそは「可愛い子と不細工な子が同じことをする時に、『この子は顔が可愛いから許すけど、こっちはブスだから許さん』って言われるんだが」と、男性に雑なイジリをされることもあるとのこと。まあたそは「理不尽」「悲しい」と訴え。さらに「まあたそに比べて可愛い」と友人との顔比較をされることもあると言い、こうした場合にも可愛い友人からのフォローによって気まずい雰囲気になってしまうと明かした。

 この動画のコメント欄には、主に女性リスナーから「明るく振る舞おうとして反動でたまに病むのもすごく分かる」「自分も男性店員に接客で差つけられたことある」「友だちと比べられるのが一番嫌ってめっちゃ共感」「凍りついた空気をどうにかするのはいつも自分だよね…」といった共感の声が多数集まる事態に。

 一方、まあたそ自身、「不細工」を自称し、動画タイトルになどにも多々使用していることから「傷つくならもう『不細工』って自称しなきゃいいのに」「動画のタイトルにブスをよくつけてるからGoogleで出てくるのはしょうがない」という声も寄せられていた。

記事内の引用について
まあたそ公式ユーチューブチャンネルより
https://www.youtube.com/channel/UC2656chrY5MdTQO2_II7yRg/featured

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?