『タモリ倶楽部SP』が異例の企画で「これは空耳アワーじゃない!」と不評? ユーミンコラボが物議

『タモリ倶楽部SP』が松任谷由実とコラボし異例の企画 「迷走しているな」などの声

記事まとめ

  • テレビ朝日系『タモリ倶楽部SP』に番組のファンだという松任谷由実がゲスト出演した
  • 番組では『空ユミアワー』など、普段は実現できない豪華な企画が組まれた
  • しかし、「これなら通常の『空耳』がよかったな」などの声が相次いでいる

『タモリ倶楽部SP』が異例の企画で「これは空耳アワーじゃない!」と不評? ユーミンコラボが物議

『タモリ倶楽部SP』が異例の企画で「これは空耳アワーじゃない!」と不評? ユーミンコラボが物議

松任谷由実

10月4日に放送されたテレビ朝日系のバラエティ番組『タモリ倶楽部SP』に視聴者からツッコミの声が相次いでいる。

 この日は「ユーミン初登場で空耳やっちゃいました!」と題し歌手の松任谷由実がゲスト出演した。

 松任谷は「タモリ倶楽部」「空耳アワー」の大ファンであるという。番組では松任谷の選ぶ「空耳 BEST10」を発表したほか、視聴者投稿の新作や、松任谷の楽曲の空耳を紹介する「空ユミアワー」など、普段の「タモリ倶楽部」では実現できない豪華な企画が組まれた。

 だが、タモリ倶楽部ファンからはこれらの企画に対しツッコミを入れていた。
 「空ユミアワー」では松任谷の楽曲の歌詞が、別の意味の日本語に聞こえる箇所を再現VTR付きで放送。松任谷の楽曲「サーフ天国、スキー天国」の歌詞「COULD YOU TELL ME I'M」の歌詞が「奥田民生」に、「埠頭を渡る風」の「もうそれ以上」が「妄想令嬢」に聞こえると紹介した。

 しかし、「空ユミアワー」は本家と違い日本語の歌詞が別の意味に聞こえるというコンセプト。同じくタモリが司会を担当した平成時代のバラエティ番組『ボキャブラ天国』(フジテレビ系)と比較されてしまうことに。「これは空耳アワーではなくない?」「完全にボキャブラ天国じゃん」「なんだかボキャブラ化してないか?」「正直期待外れ」「これなら通常の『空耳』がよかったな」「なんだか迷走しているな」といった声が相次いだ。

 なお、『タモリ倶楽部』と『ボキャブラ天国』はともに制作会社がハウフルスで同じ。特に問題はないのだろうが、2020年の新型コロナウイルス流行以降、空耳アワーは新作が少なくなっていた。今回のスペシャル版はユーミンとのタイアップで違和感を持つ視聴者が多かった。ほか通常とは違う23時台の放送で際どい下ネタがなく、全く「空耳」ではない企画も放送されるなど、少々物足りない印象だったようだ。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?