ドラマ『エルピス』に麻生太郎氏似の人物、ホームページまでそっくり? 共通点が多すぎて萎える声も

月10ドラマ『エルピス』が放送 麻生太郎副総裁と「似ている」と指摘のキャラも

記事まとめ

  • 月10ドラマ『エルピス―希望、あるいは災い―』(フジ系)の第6話が28日に放送された
  • 麻生太郎氏と「似ている」と指摘されてきた大門雄二(山路和弘)に更なる共通点か
  • ネットでは「どんだけ麻生太郎嫌いなんだよ」「さすがにちょっと…」という困惑の声も

ドラマ『エルピス』に麻生太郎氏似の人物、ホームページまでそっくり? 共通点が多すぎて萎える声も

ドラマ『エルピス』に麻生太郎氏似の人物、ホームページまでそっくり? 共通点が多すぎて萎える声も

長澤まさみ

月10ドラマ『エルピス―希望、あるいは災い―』(フジテレビ系)の第6話が28日に放送され、平均視聴率が5.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことが各社で報じられている。第5話の5.8%からは0.3ポイントのダウンとなった。

 第6話は、逮捕の決め手となった目撃証言が覆されたことで、再審は現実味を帯び、恵那(長澤まさみ)は再び奮い立つ。さらに、拓朗(眞栄田郷敦)が掴んだこの事実は、かつて報道局に在籍していた村井(岡部たかし)の魂にも火をつけ、『フライデーボンボン』で大々的に報じると宣言し――というストーリーが描かれた。

※以下、ネタバレあり。

 第6話では、これまで自民党麻生太郎副総裁と「似ている」と指摘され続けてきた副総理の大門雄二(山路和弘)について、さらなる共通点が見つかったと視聴者の間で話題になっている。

 麻生氏も元副総理。また、『エルピス』も出てくる大門のファッションや風貌などから、以前からネット上では「大門のモデルは麻生氏なのではないか」という指摘が集まっていた。

 一方、この日は作品内で恵那が大門について調べ、公式ホームページを閲覧する場面があったが――。

 「公式ホームページは政治家らしい簡素なデザインでしたが、ネット上では麻生氏の公式ホームページとそっくりだと話題に。麻生氏のホームページのプロフィールページにはサイドバーに事務所の住所が書かれていますが、大門も事務所の住所と簡単なプロフィールが書かれていました。さらに、議員会館の部屋番号は麻生氏が301号室なのに対し、大門は201号室とこちらはニアミス。また、麻生氏はホームページに『趣味 読書、ゴルフ』と載せており、大門のホームページにも『趣味 読書、ゴルフ』という記載がありました」(ドラマライター)

 ますますの一致に、ネット上からは「現実の人物に寄せると政治的思想感じて萎える」「やりすぎ」「どんだけ麻生太郎嫌いなんだよ」「さすがにちょっと…」という困惑の声が集まっている。

 なお、麻生氏の出生地である福岡県飯塚市は、犯人が一貫して無罪を主張しながらも死刑執行された「飯塚事件」が発生した地。飯塚事件は今後、本作に関わってくることはあるのだろうか――。

関連記事(外部サイト)

  • 1

    ありがちな趣味だし考えすぎでは。趣味がマンガとかならともかく。

すべてのコメントを読む