爆問太田、がん公表のエレキテル中野から報告「笑えないよ。バカヤロウ」芸人魂には驚き

爆笑問題・太田光、子宮頸がん公表の日本エレキテル連合・中野聡子の芸人魂を絶賛

記事まとめ

  • 太田光が『爆笑問題カーボーイ』で、日本エレキテル連合・中野聡子の芸人魂を絶賛した
  • 中野は子宮頸がんが発覚、太田に「私の病名はがんであります」と話したという
  • 1993年にがんで亡くなったフリーアナの逸見政孝さんと同じフレーズを意識したようだ

爆問太田、がん公表のエレキテル中野から報告「笑えないよ。バカヤロウ」芸人魂には驚き

爆問太田、がん公表のエレキテル中野から報告「笑えないよ。バカヤロウ」芸人魂には驚き

爆笑問題・太田光

11月29日深夜放送の『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ系)で、太田光が子宮頸がんを公表した日本エレキテル連合中野聡子の芸人魂を絶賛した。

 中野は体調不良を感じ検査を受け、がんが発覚。当初は所属事務所のタイタンをやめる考えもあったが、業務提携の形で継続する。

 太田の元にも、中野から「お話があります」と報告があったという。中野は「私の病名はがんであります」と話したが、これは1993年にがんで亡くなったフリーアナウンサーの逸見政孝さんと同じフレーズを意識したようだ。これには、太田は「笑えないよ。バカヤロウ」と伝えたようだ。

 さらに太田は、中野が早くも病気をネタにしている様子も暴露。「コントの中でもさ、アドリブでわーっと倒れたまま起き上がれないとか、そういうのやめろって。何やってんだって」「(中野が)スタッフに向かって『それ“ガンマイク”ですよね』」などと話していたエピソードを明かしていた。このほか、中野は太田に「芸人というのは太く短く生きようと思う」「ぱっと散って」などの思わせぶりなフレーズも連発していたという。

 太田は「あいつが無理してそうしてるわけじゃなく(病気を)楽しんじゃってんだよな。だから芸人だよな、根っから。中野っていうのは」と絶賛。さらに太田は、中野が病気がわかった時に「ネタにできると。ちょっと嬉しかったって言うんだよ」と話していたとも明かす。太田は「参っちゃうよね。あいつのすごさね」と中野の芸人魂に驚きの様子だった。

 中野に同じくがんを経験の田中裕二は「俺はそんな余裕全然なかったですよ。青ざめてましたからね。食事もノドを通らなかった」と実体験を語っていた。

 これには、ネット上で「病気をネタにできるエレキテルの中野、マジでヤバいんだな」「太田さん、中野さんみたいな芸人大好きなんだろうなあ」といった声が聞かれた。

関連記事(外部サイト)

  • 2

    病気を使って自分の事務所の芸人の宣伝ですか・・・どちらにしても笑えない。

  • 1

    ホントに笑えないのはステージ4の末期癌。 経験者なら分かると思うがキツイぜ。見る度に衰え痩せ細っていく姿見続けるのは。 見た感じ初期っぽいししっかり治療していこうとするなら完治できるしまだ笑い飛ばせるレベルだよ。 もし末期に近い状態での発言なら謝るが。

すべてのコメントを読む